岩田 彩の。


ピアニスト・岩田彩のブログ。
by ayaiwata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

宮島達男・大竹伸朗氏シンポジウム@外苑キャンパス。

「加速する私たち」井桁裕子作品展@ときの忘れもの。
ギャラリー情報のフリーペーパーに掲載されていて、近くにいたので行こうと
思い、ものすごく迷う。むつかしい場所にありました。
「墜落」
a0126797_1483369.jpg
「加速する私たち」
a0126797_14235019.jpg
別の角度から。
a0126797_14462591.jpg
井桁さんが御在廊だったので、お話出来ました。
人形の素材は、桐のおがくずを糊で練って塑造した桐塑(とうそ)。
焼き物の作品も素敵でした。横でお買い上げの方がいました。

その後、京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパスへ。
a0126797_174046100.jpg
宮島達男氏と大竹伸朗氏の連続シンポジウム「日本の美術教育を考える」。
テーマは「教育でアーティストは育ち得るのか?」。大竹さんの生い立ちが
聞けました。東京→別海→東京→ロンドン→東京→現在宇和島在住。
「よく、こんな事しても意味ない、と言う人いるけど、意味あることなんて無い。
意味のない事でも、やらなければいけない事がたくさんある。」と大竹さん。
人生において、たくさんの理不尽なことに正面から向かっていく。
「宇和島にいたら、現代美術なんて全く必要とされていない。だから、必死に
作品を作るしかない。そうしないと自分の存在が消えてなくなってしまう。」
近所の付き合いには、次の日どんな予定があろうと、その日に原稿の締切が
あろうが、絶対に行く、と決めて、カラオケの番もするらしい。
花々しいだけでなく、創作活動にはいろんな面があるんだなあ。
他に、「矛盾は常にあるが、続いているならば、その矛盾には何かがある。」
「意味のないことにいかに・どう向き合うか」
「言語化できなくても、続くものには何かある」
「続けること」
「いじわるなやつはだめ。」
a0126797_1741676.jpg
自分の言葉で自分のスピードで話されていて、かっこ良かったです。
[PR]
by ayaiwata | 2012-12-02 22:55 | art



Aya Iwata Official<br />
Website

岩田 彩 Aya Iwata 
兵庫県出身。
桐朋学園大学音楽学部
卒業後、ニューヨーク・
マネス音楽院で修士課程・
ディプロマを取得。
ピアノを関晴子、
リチャード・グード、
ロバート・マクドナルド、
トーマス・サウアーの各氏
に師事。
チェンバロをアルター・
ハースに師事。

趣味: 読書。
好きな作家は三島由紀夫,芹沢光治良。
映画鑑賞。好きなのは、
フェデリコ・フェリーニ,
ウッディ・アレン,
伊丹十三。
旅行。
美術館巡り。
飛び出す絵本集め。

*出演依頼・お問合わせ*
ayaweb@ayaiwata.com
まで。

検索

ファン

ブログジャンル

音楽
アート・デザイン

画像一覧