岩田 彩の。


ピアニスト・岩田彩のブログ。
by ayaiwata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カレーうどんとへびの鈴。

表参道を歩いていたら、違和感のある服装の方がいらっしゃいました。
a0126797_15305756.jpg
(注:一月。)半袖Tシャツ。寒そうにもしてなくて、普通に隣の方と話してました。
二人共、東南アジア系のお顔で外国語、でも隣の方はジャケット着てましたよ。
特別に鍛えてるのか?この寒さが寒くないのは、うらやましい。
a0126797_1534680.jpg
ギャラリー360℃でオノヨーコの「水源」を観て来ました。
暗い部屋の全ての面に拡がる、作品を反射した光。他に誰もいなかったので
1人で心ゆくまで堪能出来ました。1月26日まで。
その後、待ち合わせしてたKさんとしまだでカレーうどん。
美味しくてスープも全部飲んだのでスーパー満腹。お会計した後に、
「どうぞ」と手渡されました。
a0126797_1549658.jpg
何なに~!?お年玉?500円かな(せちがらい)??
でもぼこぼこするね、と開けたら、
a0126797_1550352.jpg
かわいい。ふつうに喜んでしまいました。鈴付き。
お腹いっぱいなので青山一丁目まで歩いて、講演会へ。
カレーうどん消化中、非常に眠くなり、気持ち良く寝る。
一番前の席じゃなくて良かった。

今日読んだ本「水のかたち 上」。宮本輝
父が読もうとしてたのをぶんどってというか、快く先に読ませてくれるとのことで
読み始めました。主人公が私よりも大分年上の女性で、いろんな巡り合わせで
凄いものを引きの強さで引いてくるけど、本人の性質がまともでまじめなので、
またそれによって素敵な人・ものを引き寄せる、という、縁や巡り合わせが
テーマになっている話。いつもながら、筋だけを追わせないで考えさせられる
フレーズがたくさんありました。
人はかっとなって近くにあった皿をたたきつけようとはするが、制御する心が
働いて自分を抑える。それが人間であることの証しなのだ。だが稀に、感情の
おもむくままに皿を叩きつける人もいる。昨今、稀ではなくなったとはいえ、
まっとうな人間は自分の瞬間的な衝動を思いとどめることができる。だが、
私の娘はたとえささやかな家出らしきものではあっても、一時の感情を
そのような実際の行動に移してしまった娘の内面に落胆した。
「心は巧みなる画師の如し」
「罪悪感てのは、その人間の芯の部分をひどく痛めつけるのよ。病気の元よ。」
「鉄と鋼の違い:
鉄の塊を真っ赤に熱して、それを大きな金槌で叩いて鍛えて、
鋼が出来上がる。鉄を叩いて鍛えると、いろんな不純物が表に出てくる。
それがある間は、鉄は鋼にはならない。そんな鉄で刀を造ってもナマクラだ。
鋼となった鉄でないと名刀にはならない。人間も全く同じだ。経済苦、病苦、
人間関係における苦労。それが出て来たとき、人も鋼になるチャンスが訪れ
たんだ。それが出て来ないと永遠に鉄のままなんだ。何もかもうまくいかず、
悲嘆に沈む時期も大切だ。それが不純物をたたき出してくれる。」
(抜粋)
[PR]
by ayaiwata | 2013-01-13 16:18 | meal



Aya Iwata Official<br />
Website

岩田 彩 Aya Iwata 
兵庫県出身。
桐朋学園大学音楽学部
卒業後、ニューヨーク・
マネス音楽院で修士課程・
ディプロマを取得。
ピアノを関晴子、
リチャード・グード、
ロバート・マクドナルド、
トーマス・サウアーの各氏
に師事。
チェンバロをアルター・
ハースに師事。

趣味: 読書。
好きな作家は三島由紀夫,芹沢光治良。
映画鑑賞。好きなのは、
フェデリコ・フェリーニ,
ウッディ・アレン,
伊丹十三。
旅行。
美術館巡り。
飛び出す絵本集め。

*出演依頼・お問合わせ*
ayaweb@ayaiwata.com
まで。

検索

ファン

ブログジャンル

音楽
アート・デザイン

画像一覧