岩田 彩の。


ピアニスト・岩田彩のブログ。
by ayaiwata
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

看板無し。

恵比寿にある、看板がなく、階段で2階に上がったら表札だけ出ている店に行きました。
こういうのを「隠れ家的」というのでしょうか。店内には人いっぱいいましたけども。
食べたものは、レバーと八丁味噌のパテ・鶏のコロッケ・万願寺唐辛子・とうもろこし揚げ・
鶏蕎麦・鶏せいろ蕎麦。
面白かったのは、珍味の味噌漬け盛り合わせ↓
a0126797_3175773.jpg

ゴルゴンゾーラなど3種のチーズ・卵の黄身(これは美味しかった!)・からすみ・たらこ・豆腐が味噌漬けになって出てきます。
かなり塩辛く、お酒のつまみでした。飲めないので蕎麦茶をぐいぐい飲みながら食べる。

恵比寿駅前で盆踊りやってました。
みんなけっこう積極的に踊っていて、日本の夏って感じでした。ものすごい人でした。
a0126797_3223467.jpg

[PR]
by ayaiwata | 2009-07-31 22:56 | meal

コンクール。

ヴァイオリンのコンクールの伴奏に行って来ました。今日は2次予選。
1次予選の時に分かったのですが、ニューヨークの同じ学校で2年間、
室内楽を一緒に組んでいた方のお母様が主催しているコンクールで、
そんなことは知らずにロビーで再会してびっくりしました。
小さい子の部門もあって、おめかしして弾いてて微笑ましい。
リハーサル室で順番を待っている感じが、コンクール特有の、張り詰めて嫌~な感じで、
小さい頃を思い出しました。
お母様方も緊張していて、私の母もそういえば緊張していたなあ、と懐かしい感覚でした。


今日読んだ本 「伊丹十三記念館ガイドブック」
 昨日のDVDと共に購入。他に「伊丹十三写真ポストカード5枚セット」も買ってしまいました。
彼が小学1年生の時に書いた絵。お父さん(伊丹万作・映画監督)の友人の中村草田男(俳人)が絶賛し、持って帰り、中村草田男の死後、伊丹十三の奥さん(宮元信子・女優)に渡されました。
a0126797_1153508.jpg


これは別の「理科のノート」。同じく小学生の頃のもの。
a0126797_11595536.jpg

[PR]
by ayaiwata | 2009-07-30 22:33 | music

伊丹十三。

伊丹十三の映画・著書が好きで、伊丹十三記念館からネットで買いました。
a0126797_1314128.jpg

彼が出演した映画、出版した雑誌、作ったCM、出演したCMを、彼が生きていた時に近かった人たちが語っています。
今まで見たことのない映像もたくさん見れて、買って良かった。

外を歩いてたら珍しい虫がいて、一回は素通りしたけれどもっかい戻って写真撮りました。
a0126797_137185.jpg

つるっつるの上を滑らず歩いていました。
何?カミキリムシ?
[PR]
by ayaiwata | 2009-07-29 22:23 | art

鮎というか。

「若あゆ」という和菓子を頂きました。
パッケージをよく見ず、これ自体初めて食べたので、鮎と知らず、まず、顔が顔に見えにくい。
ツ?
a0126797_17413797.jpg

内臓はぎゅうひで出来ていて美味しかったです。カステラ生地とぎゅうひ。のどが渇きました。
[PR]
by ayaiwata | 2009-07-28 22:37 | meal

しゃりの上にネギ。

六禄というお店で、ランチにお寿司を食べてきました。非常に非日常な空間でした。
a0126797_3333140.jpg

窓から見えている石の壁には、じわじわと水が流れています。
あれを背に、お寿司は握りやすいのか気が散るのか、がちょっと気になりました。
話に夢中になっていたのと(デトロイトのアイスホッケーのリンクに、生きてるタコが放り込まれ続けた話とか)、静かな空間だったので食べ物の写真は撮るのを忘れてました。
魚はもちろん美味しかったんですが、御飯の上に「え?草?」みたいなのが載ってるものが出てきて、
「芽ねぎです。」と言われ、5回ぐらい聞き返してしまいました。やわらかいねぎでした。
梅の味がちょっとして、私はネギが苦手なのですが、美味しく食べました。
芽ネギだけでも撮っておくんだった。
[PR]
by ayaiwata | 2009-07-27 22:29 | meal

エリーゼのためならず。

今日は、吉祥寺で「ミニコンサート」という名の、30分間トーク付き演奏を3回してきました。
30分間はあっという間なのですが、待ち時間が1時間半づつあり、
3回はかなり「ミニ」ではなかったです。
そして思っていたよりお客さんがいっぱいいらっしゃって、かなり楽しかったです。
これで3回目のトークを入れながらの演奏。初トークの時よりは大分慣れてきたのですが、
やっぱりものすごい表情は硬いと思われます。
今回のコンサートは、「耳馴染みのある曲を」とのことだったので、
ベートーヴェンの月光・悲愴、ドビュッシーの月の光・アラベスク・亜麻色の髪の乙女、
幻想即興曲、バッハのイタリアンコンチェルト、主よ人の望みの喜びよ、
目覚めよと呼ぶ声あり、グラナドスのアンダルーサなど。
そして3回目の回に「エリーゼのために」を弾く気まんまんだったのに、
なぜか「トロイメライ」を弾き、そしてもう時間的にエリーゼのためには弾けなくなり、弾けず。
エリーゼが誰なのか?トークも用意したのに。答えは、「わかっていません。」でしたけれど。
あの時なぜとっさにあの判断をしちゃったのか。

それにしてもお客さんが温かく、弾き終わって話しかけて下さる方がけっこういらっしゃいました。
そして吉祥寺に住む、「友達のご両親」が来てくださり、お父様はビデオまで撮って下さって、
主催者の方に「お父様ですか?」と言われました。「友達のお父様です。」と。

全く写真が撮れなかったので、その後食べた御飯。
momo cury の、豚の角煮カレーに野菜の素揚げが載ってるもの。
a0126797_382950.jpg

素揚げは薄いんですが、やたらいろんな種類があって、
「これは何かな?」といちいち凝視。
確認できたものだけで、ピーマン・にんじん・アスパラ・なす・カボチャ・玉ねぎ・ズッキーニ・
ごぼう・ししとう・ゴーヤ。
美味しかった!
[PR]
by ayaiwata | 2009-07-26 22:52 | music

鉄とくすのきとマリンバ。

友達の友達ということで、森田太初さんという彫刻家の個展&彼の妹さんのマリンバコンサートを見に行ってきました。
妹さんの顔をなぜか見たことあるなあ、と思って聴いていたら、2年ほど前に母校でのマリンバの公開レッスンで、通訳をした受講生でした。
太初さんの作品は、鉄を溶かしたり溶接したものと、くすのきを使った作品で、
かなり仏教の影響を受けてる作風でした。

うしろのでかいのが、映画「ハチミツとクローバー」で使われた作品だそうです。
a0126797_1275368.jpg


これは、私が気に入った作品。「孵化」。
a0126797_1285341.jpg


かなり大きな作品がたくさんあったので、「どうやって保管してるの?」と聞いたら、
「倉庫を2つ借りてる」らしいです。
グランドピアノってスペース取るのよね、なんて言ってられません。
[PR]
by ayaiwata | 2009-07-25 23:18 | art

桃(岡山の)。

桃を頂きました。岡山出身の子が、実家から「たくさん」送ってきたらしい。
そしてそれらは一人暮らしには非常に多過ぎるらしい。
腐らせるのはもったいない。せっかくの親心なのに。そりゃあかん!
ということで、「いくついりますか?」と聞かれました。
「いくつあっても困らないけど!!!」と答え、3つ頂きました。
代わりに村上春樹の最新刊をお貸ししました。

かなりでかいです。そしていい匂い。
ニューヨークにいた時に何が恋しかったかといえば、日本の桃でした。

a0126797_0361670.jpg

明日が食べごろらしい。3つもどうしよう。
[PR]
by ayaiwata | 2009-07-24 23:38 | meal

撮影。

コンサートに載せる写真が古いのと、人に「他人!!」と言われるので
撮ってもらってきました。ちょうど髪の毛も伸びっぱなしになっていたので、
朝から美容院でカットとセットをしてもらってから行きました。最初は慣れなくて、
かなり無理な格好でぷるぷるしながらのポーズのときは、筋肉が攣りそうでした。
「写真では綺麗に見えるから。」と言われて、実際出来上がって見てみると成程なできばえ。
3時間で300枚以上撮ってもらい、私もなかなか体力使いましたが、
カメラマンの方がもっと大変だったでしょう。
私の大好きなピアニストのツィメルマンやヴェンゲーロフやフェルツマンなど、
クラシックの演奏家をかなり撮ってらっしゃる方で、楽しく撮影して頂きました。

その中の一枚。かなり笑ってますがものすごいひねってる体勢なのですよ。
どうでしょうか。
a0126797_16134126.jpg

[PR]
by ayaiwata | 2009-07-22 21:05 | etc...

爽快。

私の鼻の管(でいいのかしら?)は、普通の人より狭いらしい。
歯医者でレントゲンを撮ってもらったときに、ついでに写っていたことにより発覚。
小さい頃母に、口で息をしていることを指摘されていたのですが、
鼻だけでは間に合ってなかったようです。
そんな鼻づまり気味な私に、これは画期的でした。
a0126797_032737.jpg

使ってみて、「今まで全然脳みそに酸素いってなかったんでは!?」と思ってしまいました。
口からは行っていたはずですが。
これを書いてる今も、愛用して管を拡げております。

今日読んだ本 「破壊者」
 田中康夫(前長野県知事)・井筒和幸(映画監督)・見城徹(幻冬舎代表取締役社長)らに勝谷誠彦がインタビュー。
田中康夫がかなりいいこと言っていて、読んでよかったと思えた一冊でした。
[PR]
by ayaiwata | 2009-07-21 22:53 | etc...



Aya Iwata Official<br />
Website

岩田 彩 Aya Iwata 
兵庫県出身。
桐朋学園大学音楽学部
卒業後、ニューヨーク・
マネス音楽院で修士課程・
ディプロマを取得。
ピアノを関晴子、
リチャード・グード、
ロバート・マクドナルド、
トーマス・サウアーの各氏
に師事。
チェンバロをアルター・
ハースに師事。

趣味: 読書。
好きな作家は三島由紀夫,芹沢光治良。
映画鑑賞。好きなのは、
フェデリコ・フェリーニ,
ウッディ・アレン,
伊丹十三。
旅行。
美術館巡り。
飛び出す絵本集め。

*出演依頼・お問合わせ*
ayaweb@ayaiwata.com
まで。

検索

ファン

ブログジャンル

音楽
アート・デザイン

画像一覧