岩田 彩の。


ピアニスト・岩田彩のブログ。
by ayaiwata
プロフィールを見る
画像一覧

クラリネットコンサート。

4月4日(日)16:00、日本クラリネット協会主催の「クラリネットアンサンブルコンクール」で
ゲスト演奏をするティモシー・カーターのクラリネットコンサートで一緒に弾きます。
パルテノン多摩小ホールで。

*プログラム*
ラフマニノフ:ヴォカリーズ
ウェーバー:コンチェルティーノ
モンティ:チャルダーシュ
ボブ佐久間編曲:ムーンライトセレナーデ
宇多田ヒカル:ファーストラブ

ティムとは2年前の管打楽器コンクールで伴奏して以来、何度か一緒に弾いています。
彼はその管打楽器コンクールでは2位、半年前まで名古屋フィルハーモニーで
首席クラリネット奏者でした。日本で活躍しています。
入場無料ですので、お時間があれば是非聴きに来て下さい。
プログラム最後の宇多田ヒカルについては、彼の強い思いが入っております。
それについてトークもするらしい。日本語で。
ティム。
a0126797_23463068.jpg

[PR]
by ayaiwata | 2010-03-28 23:28 | music

ブックオフにてヘンレ版。

近くのBOOKOFFに寄って、何気なく「楽譜コーナー」を見ていたら、吉川晃司の楽譜の横に
大量のベートーヴェンのヘンレ版が。別にいいんだけど、と思いつつ、なんかショック。
いらなくなった人がいて、それを店が買い取ったという普通の流れだったのでしょうが、
6000円するベートーヴェンのピアノソナタの第1巻(持っている人は分かると思うけど、
変な匂いがします。)が、半額の3000円。書き込みなし。
他に、ベートーヴェンのピアノソナタの「月光」とか「告別」とか「ワルトシュタイン」とかが
一曲づつに分かれてピースになっている楽譜も多数。
今ちょうど「熱情」やってるし、新品状態で半額の700円やし、買おうかな、とふらつきました。
写真はマイヘンレ版。お嫁にも持って行きます。
a0126797_0152252.jpg

[PR]
by ayaiwata | 2010-03-26 23:05

アイスプラント。

食料品売り場で初めて試食した、アイスプラント。買ってみました。知っていました?
a0126797_22285962.jpg
「乾燥に耐えるとともに、耐塩性が高い塩生植物の一つであり、
海水と同程度の塩化ナトリウム水溶液中でも水耕栽培が可能」らしい。
味は塩というより酸っぱい感じ。
見た目が、「スワロフスキーのクリスタルを貼りつけてみました」みたい。デコ野菜。
[PR]
by ayaiwata | 2010-03-24 22:17 | meal

ハンバーガー。

今日はレッスンの後、グルメな友達に教えてもらった麻布十番のYoshi
ハンバーガーを食べてきました。フォアグラバーガー。
a0126797_951093.jpg

えらい美味しい!ゆずマヨネーズと、てりやきソースがついていたのですが、てりやきソースはフォアグラを焼いた時に出た肉汁が入っていて、えぐくて好きな味でした。
プリフィックスで頼んだのですが、アミューズ・スープ・前菜・季節のお野菜の前菜・メイン・
デザート・コーヒーでかなりお得な値段です。季節のお野菜の前菜。グリルしてあります。
左上の黒いものは何やねん、て感じで、聞いたら「紫じゃがいも」らしい。味はじゃがいも。
a0126797_982451.jpg
野菜がトマト以外はほとんど好きではないので、今まであんまり食べてなかったというか、
避けてきましたが、最近、それではあかんと思い食べるようにしています。
前後しますが、前菜の「オマール海老と燻製ホタテ、春野菜のガトー仕立て」。
a0126797_9185018.jpg
デザートの「ティラミスのテリーヌ パイナップルのグリル添え」。一見レバーみたい。
a0126797_9224966.jpg
どれも美味しかったので、また来たいです。

今日読んだ本 「機関車・食堂車・寝台車」 阿川弘之・編
 いろんな人が鉄道に関して書いた文章を集めたもの。大好きな内田百閒の阿房列車が
良いです。この人のエッセイを初めて読んだのは中学生の時でしたが、やたらシニカルで、
人のいやなところをよく見ていて端的にぼろくそ言っているので、爆笑しながら読みました。
でも飼っていた猫がいなくなっちゃったら悲しくてご飯たべられなくなったり、という一面も。
黒澤明の映画「まあだだよ」のモデル。
阿川弘之が遠藤周作と北杜夫と一緒にヨーロッパを周った「南蛮阿房列車」も面白いです。
北杜夫がお酒ばっかり飲んで、しかも会話が鬱で、こんな人なんや、と。ドクトルまんぼう。
[PR]
by ayaiwata | 2010-03-21 22:02 | meal

吉田健一。

最近ちょっとづつ読んでいた、「吉田健一 対談集成」という本がとても良かったです。
吉田氏。なんともいえないお顔。
a0126797_446328.jpg

対談集なのですが、出だしはお父さんの吉田茂と河上徹太郎の3人での対談。
「パパ」と呼ばれつつ、ほとんど吉田茂の独壇場。息子、ほとんどしゃべっておらず。
徳川夢声には、「初対面の印象は、ニョロニョロヒャーという感じ。」らしい。どんな。
高津春繁(西洋古典学者。オックスフォード留学。)、池田潔(英文学者。ケンブリッジ卒。)、
志村精一(言語学者。ケンブリッジ卒。)の方たちと、
ケンブリッジとオックスフォードのテムズ川でのボートレースの話題で、
吉田「ケインブリッジの2番目の漕ぎ手が決まらないと新聞に出てましたよ。」
高津「ケインブリッジのコーチはオックスフォード出だそうだよ。」
池田「1920年頃はずっとケインブリッジが勝っていて~。」なやり取りを1951年にしています。
なんかもう、時代とか環境とか身分が違う会話なので、「ほぅー。」っとしか言いようがない。
私の大好きな丸谷才一との対談も入っています。
藤田小女姫(ふじたこととめ)という霊感占い師との対談が、吉田氏が霊を信じていないのが
丸出しで、でも対談は対談で進めております、という態度が面白い。
この藤田小女姫さんのことは全く知らなかったのですが、ネットで見たら、
「1950年小学校6年生のとき、『サンケイ新聞東京』の社会面トップに「奇跡の少女現る マリを突きながら何でもズバリ」との見出しで占いがよく当たる少女として紹介された。
サンケイ新聞の産経ビルの中の1部屋を与えられ、経営陣に可愛がられる。
昭和30、40年代にも霊感を持つ占い師として雑誌やテレビで取り上げられた。
岸信介、福田赳夫、松下幸之助、小佐野賢治などの政財界の大物を顧客として財を成した。
日米安保条約の成立と岸信介首相の退陣、今上天皇の結婚、朴正煕暗殺事件、
周恩来中国首相の死などの予言を的中させたと言われる。
1968年3月に名目上の経営者となっていたサウナが火事で死者を出す惨事となり、
経営者責任を問われる。これらのことからマスメディアからその占いの能力について疑問を
投げかける批判が起こり、応援してきた年配の有力者たちも離れて行った。
1973年40歳のときハワイに移住する。1994年2月ハワイの高層マンションで射殺された。」
大変な人生。
[PR]
by ayaiwata | 2010-03-19 23:12 | book

マクベス。

世田谷パブリックシアターで、野村萬斎の「マクベス」を見ました。
a0126797_055696.jpg

登場人物5人で、マクベス夫妻以外の3人が掛け持ちで別の役を。
「森羅万象 、宇宙の塵 、星のクズ 、文明の澱・ゴミ 、
社会のひずみ 、人間のゆがみ 、人間のクズ」というナレーションで始まり、
ドーム型の周りをベルトコンベアーが、場面によってゴミが載って流れてきたり、
登場人物がごろごろ寝転んで流されたり、マクベスが錯乱しつつ逆流しながら走ったりと、
効果的に使われていました。
それにしても野村萬斎はいい声!!かたや夫人役の人が、女性というのもあるのでしょうが
きんきんしたヒステリックな声で、役柄というのを差し引いてもちょっと聞いてて疲れました。
シェイクスピアを野村萬斎のテイストで、細部まで練られていて面白かったです。

その後、近くにいた時によく行っていた濱田屋というパン屋さんに寄りました。
a0126797_412718.jpg
炭水化物を減らして暮らしているのですが、「焼きたてで~す。」と言われたら、
「そうか。焼きたてなら買わないと。」と思ってしまう素直な性格なので何個か買う。
歩きながら(お行儀悪い。)あったかいりんごが入ったおやきみたいな物と、メロンパンを食べる。
美味しい。クロワッサンとさつまいもパンも、「明日の昼くらいまでには~」と言われたので
食べないと。パン、買い過ぎました。
[PR]
by ayaiwata | 2010-03-18 22:16 | art

あと47日。

歌舞伎座が閉まるカウントダウンをしつこくレポート。第2部に行ってきました。
a0126797_05558.jpg

「菅原伝授手習鑑 筆法伝授」は、大好きな片岡仁左衛門が菅原道真役。
ほとんど動かずしゃべらずの場面があり、双眼鏡でずーっと見ていましたが
居眠りしていませんでした(当たり前)。
「弁天娘女男白浪」は、尾上菊五郎・中村吉右衛門・松本幸四郎・市川左團次・中村梅玉の
5人が、全員紫の地に、鳳凰や龍などの柄の着物を着て、和傘をくるっと回転させながら
一人づつセリフを言っていく場面が華やかでかっこ良かったです。
それぞれの声質や音量やピッチの違いがはっきり聞こえておもしろかった。
幸四郎の滑舌が悪くて、聞き取るのに苦労しました。見栄えはいいのですが。

終演後、今まで一度も行ったことのなかった「日本橋」に行きました。
日本の道路の始点となっている丸いマークやら、日本橋三越のでかーい置き物
a0126797_024745.jpg
やら見て、三越の上のASOで晩御飯を食べました。
a0126797_029123.jpg
「冷製トマトのカペリーニ 生ウニとバジリコで和えた帆立貝添え」というのが美味しかった。
デザートのモンブラン。
a0126797_032391.jpg
あまりのでかさにひるむも、周りのぶわぶわは泡な食感だったので美味しく食べました。
a0126797_0342821.jpg
断面図というか掘った後。「~チョコレートとヘーゼルナッツ 木苺のアクセント~」らしい。
何が一番美味しかったかというと、ホイップされた自家製バター。塩味がかなり効いていて、それだけを食べたいくらいでした。
[PR]
by ayaiwata | 2010-03-15 23:04 | etc...

田中泯。

ここ何年か、毎年NHKの大河ドラマを見ています。ニューヨークにいた頃に放映されていた
「新撰組!」は母に全部録ってもらって(ありがとう。)見ました。
3年前の「風林火山」は、亀治郎とJJサニー千葉(元千葉真一)を観に、舞台にも行きました。
ということで(?)もちろん見てます「龍馬伝」。
福山雅治が特に好きな訳ではないのですが、キャスティングが非常にいいです。
香川照之・大森南朋・宮迫博之・近藤正臣・渡辺いっけい・リリーフランキーなど。
そして特に「なんでこの人を使っちゃったのかしら!?」っていうほど、演技がうまいというか、もう別格というか、張り合えているのは香川照之ぐらいでは、という吉田東洋役のこの方。
田中泯。美しいし色気があるし、殺気立ってるし、ただ黙っての「ん?」も、ものすごい迫力。
a0126797_0485258.jpg
舞踊家で、映画「たそがれ清兵衛」や「メゾン・ド・ヒミコ」に出ています。
彼のドキュメンタリーで、劇場を離れて外の「場」で踊る「場踊り」を見て、衝撃を受けました。
川の中で泥だらけになりながら、彼がその「場」と感じたものを即興で表現。
a0126797_15169.jpg
山梨県北杜市で、「身体(からだ)と環境のためのワークショップ」を全5週間するらしい。
◎基本的なワークショップスケジュール
午前中=田中泯による身体のWS
午 後=農業または建築作業など、伝統的身体労働の実習と継続
募集人数15名。行ってみたいなあ。審査に受からんやろなあ。農業はともかく建築作業て。
a0126797_133285.jpg
どうですかこの顔。ネットに全然写真がなく、なんとテレビ画面を撮影。ああ素敵。
[PR]
by ayaiwata | 2010-03-14 22:29 | etc...

エイズ文化フォーラムin山梨。

甲府の山梨英和で開催された「エイズ文化フォーラム」の第3部の、
マヤ・フレーザーヴァイオリンコンサートで、一緒に弾いてきました。
a0126797_19393635.jpg
演奏した曲目は、バッハ:カンタータ「羊は安らかに草を食み」
ヴィヴァルディ:「四季」より ̀春́
ヘンデル:ラルゴ
ウィリアムス:グリーンリーヴスによる幻想曲
クライスラー:ロンドンデリーの歌
チャイコフスキー:「くるみ割り人形」より ̀ミルリトンの踊り́
モリコーネ:ガブリエルのオーボエ
ブラームス:ハンガリー舞第5番
ドヴォルザーク:「家路」
マヤちゃんの母校のチャペルでのコンサート、楽しく演奏してきました。
a0126797_20103737.jpg
控室にかかっていた絵と。なんでミレー?と思ったら、山梨県立美術館に
ミレーの「種をまく人」があるらしい。次回ぜひ見に行きたいです。
[PR]
by ayaiwata | 2010-03-13 22:12 | music

あと52日。

歌舞伎座で夜の部を観てきました。あと52日らしい。
a0126797_23502951.jpg

一つ目の演目の「道明寺」で、老女役の坂東玉三郎が。
腰が曲がっていて声もしゃべり方もおばあさんそのもの。役の幅が広いなあ。
全く美しくなくて面白かったです。
二つ目の「石橋」は、中村富十郎(80歳)と鷹之資くん(10歳)の親子共演。親子です。
その他大勢の方たちのばく転や宙返りが観ていて楽しく、派手な演目でした。

終演後に、歌舞伎座近くの東風庵というお蕎麦屋さんで、豚せいろを食べました。
a0126797_23384521.jpg
梅山豚(メイシャントン)という種類らしい。脂身が多いのにしつこくなくて、美味しかったです。
梅山豚とは、「幻の豚肉と呼ばれる、日本に原種が約100頭しかいない中国太湖豚系の豚。
その特徴ある姿は、孫悟空の猪八戒のモデルであると言われています(以下略)。」
猪八戒を食用として見ていませんでした。
a0126797_2358214.jpg


今日読んだ本「ギョーザのような月がでた」 椎名誠
 本当にいろんなところに行っていて、そこでの特産物とか有名なものの話は少なく、
変わった経験、しかもそこでなくてもいいような話が面白いです。
ぬるい温泉の話は、電車の中で読んでいたのですが、声を出して笑ってしまい、
横に座っていた美容師志望っぽい女の子3人に、ひそひそ言われました。
[PR]
by ayaiwata | 2010-03-10 22:44 | art



Aya Iwata Official<br />
Website

岩田 彩 Aya Iwata 
兵庫県出身。
桐朋学園大学音楽学部
卒業後、ニューヨーク・
マネス音楽院で修士課程・
ディプロマを取得。
ピアノを関晴子、
リチャード・グード、
ロバート・マクドナルド、
トーマス・サウアーの各氏
に師事。
チェンバロをアルター・
ハースに師事。

趣味: 読書。
好きな作家は三島由紀夫,芹沢光治良。
映画鑑賞。好きなのは、
フェデリコ・フェリーニ,
ウッディ・アレン,
伊丹十三。
旅行。
美術館巡り。
飛び出す絵本集め。

*出演依頼・お問合わせ*
ayaweb@ayaiwata.com
まで。

検索

ファン

ブログジャンル

音楽
アート・デザイン

画像一覧