岩田 彩の。


ピアニスト・岩田彩のブログ。
by ayaiwata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

バーレスク。

私もSちゃんもクリスティーナ・アギレラが大好きなので、大画面で観たい!!と
久々に映画館で映画「バーレスク」を観てきました。
a0126797_200246.jpg
全く内容の無い、ただのサクセスストーリーなのですが、そんなのはどうでもよくて、
アギレラちゃんが歌って踊ってくれてたら、もうそれでええ!と大興奮で観ました。
a0126797_2010491.jpg
歌めちゃくちゃうまい!。ちゃちい恋愛シーンやシェール(なんと64歳!)の歌うシーンも
いらないのでもっと彼女のダンスを観たかったです。でも大満足。
「プラダを着た悪魔」で味のあるゲイ役の俳優が、また同じような役で出ていて良かった。
映画館で観て欲しい映画です。お薦め!

今日読んだ本 「どんぐり姉妹」 よしもとばなな
 さらっと読めます。
[PR]
by ayaiwata | 2011-01-23 21:55 | movie

スキー始めました。

先日、桐朋の時に授業を受けていた音楽理論の先生とお会いし、スキーをものすごく
お勧めされました。今まで4回ほどスキーをしたことがありましたが、毎回楽しくて、
老後に、と取っておいていたのですが、そろそろ始めようかなと。
最後に滑ったのはニューヨークから車で行ったコネティカットの山。
上手い人に一日中付きっきりで教えてもらったので、ボーゲンでなんとか滑れるようには
なりましたが、なんせ8年前で覚えてんのか不安。
さっそくスキーウェアを買いにSちゃんと神田の駿河台に行き、スキーのジャケットは
気に入ったのが見つからず、スノーボードの物を。黒に銀色の光沢でめっちゃ好み。
でもパンツはスノボードの物はずり落ちてる感が慣れず、スキー用。
ゴーグルはいまいちどれがいいいのか分からず、自前のサングラスで代用。
a0126797_23583616.jpg
そして2日後にS&Kちゃんと富士見パノラマリゾートへ。こんなにスムースに行けるとは。
お天気も良く、雪も良く、人も少なくてとても快適。
a0126797_23595349.jpg

S&Kちゃんに見てもらいながら、なんとなくボーゲンで中級をゆっくりですが滑れてました。
びびりなので超スロー。ものすごく楽しかったので、ライフワークにしたい!
その後車で1分のところにある温泉で、洞窟の露天風呂でゆっくりあったまり、
東京に帰って焼き肉を食べて帰りました。
山頂から八ヶ岳を望む。
a0126797_014533.jpg

[PR]
by ayaiwata | 2011-01-21 23:34 | travel

ギンザグラフィックギャラリー。

沈壽官展の後、次の仕事まで時間があったので、一緒に行った友達とおやつを食べに
「ハーゲンダッツ ラ メゾン ギンザ」へ。最近よく食べる、コンビニ限定の
ショコラストロベリーを使った、いちごのメレンゲやらココアビスキュイが敷いてある
「イチゴのハートプレート ラメゾン風」を食べました。
a0126797_1142410.jpg
見た目が可愛い過ぎて頼むのが少しはばかれましたが、ショコラストロベリーは美味しい!
コンビニで見つけたら置いてあるだけ買って帰っています。
その後、ギンザグラフィックギャラリーでやっている「秀英体100」展へ。
a0126797_1281810.jpg

原研哉や祖父江慎・杉浦康平・中島英樹などのグラフィックデザイナー達の、四季をテーマに
制作したポスターが展示されていました。
正直、「秀英体」って何?という感じでしたが、「秀英体とは明治45年(1912年)に誕生し、
現代まで使用されているDNPのオリジナル書体である。築地体とならび、
`明朝活字の二大潮流'として、その後の和文書体に大きな影響を与えてきた」らしい。
その秀英体の字体のあいうえおスタンプ五十音ぶんと、銀色のインクパッドと、はがきが
置いてあって「自由に押してね」的な場があったので、短時間で「ほくそゑむ」とか色々
作って楽しんだりしましたが、いまいち展覧会自体はよく分からなかったです。

今日読んだ本 「ツキの正体」桜井章一
 全然知らなかった人なのですが、麻雀の世界で20年間無敗のまま引退し、自己啓発の
著書がたくさんある方らしい。言ってらっしゃることが、私がそうありたいと思っていること
ばかりなので、とりあえずこの人の本、全部読もうと思います。とても良いです!
[PR]
by ayaiwata | 2011-01-20 20:56 | art

歴代沈壽官展。

先週の、テレビ日曜美術館でやっていた「15代沈壽官」を観て、ものすごく感動したので、
その展覧会「歴代沈壽官展」を日本橋三越に観に行きました。
a0126797_101040.jpg
激混み。日曜美術館効果かしら。私もですが。歴代の沈壽官の作品が展示されています。
12代の作品が素晴らしい!!これ、陶器ですよ。土から作られているとは思えない繊細さ。
a0126797_103418.jpg
薩摩焼は16世紀末、豊臣秀吉の朝鮮出兵で連れてこられた陶工により始まり、
薩摩藩主たちに重用された「白薩摩」は、乳白色の生地と透明釉(ゆう)を覆う
細かい貫入(かんにゅう。ひびのこと)が特徴です。
すごく好みだった、十二代の「錦手蝶鈕菊型吊香炉」。
a0126797_1413635.jpg
蝶々がふたの持ち手。アール・ヌーヴォーの影響を受けています。
そして今の当主、十五代の「薩摩六角伏香爐」。
a0126797_1342315.jpg
彼は1959年生まれで、早稲田卒業後京都・イタリアで勉強し、1999年に十五代に。
この作品がすごく素敵。あえてこんなに白を残すところがセンスいいなあ。
a0126797_14165996.jpg
十五代沈壽官。
a0126797_14204563.jpg
1月31日までやっているので、ぜひ観に行って下さい!素晴らしかったです。
[PR]
by ayaiwata | 2011-01-20 13:11 | art

アルパカと。

園内にある「なかよしコーナー」なる所で、いろいろ触れたりするそうなので行ってみました。
a0126797_059413.jpg
ツーショットまで撮らせてもらい。二本足で立っている風ですが、
a0126797_105433.jpg
ちゃんと(?)四つ足。もっさりとした後ろ姿。でっかいプードルみたい。
顔がかなり可愛くて、歌手のローリン・ヒルを彷彿させます。
a0126797_123589.jpg
ローリン・ヒル。
a0126797_132482.jpg
アルパカの毛はふわっふわで、手を差し込んでいくとかなり中までぐいぐいいけました。
無茶苦茶温かい。さすが。
アルパカは可愛いんですが、おとなしくてあまり個性がなくて面白みが無く、
気が付けばヤギとけんかしているミニブタに目を奪われて追いかけていました。
なぜか目が釣り上がっている私とミニブタたち。
a0126797_191822.jpg
ミニブタの毛並みはカピバラの毛並みと似ていると飼育係のおねいさんが言っていたので、
素直に触ってみました。ごわごわ。

コアラはあまり興味が無かったのですが、とりあえず寄ってみたら、面白い格好の方達が。
瞑想中。
a0126797_1143085.jpg
別の子は、無意味に右手を力いっぱい突き下ろしていらっしゃいます。手はパー。
a0126797_1193922.jpg
10分ぐらい見ていたんですが、微動だにせずこのポーズ。
a0126797_1201420.jpg
別のアングルから。非常に不自然な姿勢。

動物の種類はそんなに多くないですが、見せ方がユニークで楽しかったです。
やっぱり真冬に動物園は寒い!もうちょっと暖かくなってからまた来たいです。
退園後、近くでおうどんを食べ、温泉に入って帰ってきました。
[PR]
by ayaiwata | 2011-01-14 14:50 | travel

カピバラ温泉。

そしてカピバラの入浴時間が迫ってきたのでカピバラ・ワラビー広場へ。
広場内には放し飼いのワラビーたちが。なぜかヨガのポーズ。
a0126797_094953.jpg
入浴前のお母さんと子供たち。
a0126797_036179.jpg
お湯が入りだしたら子供たちが我先に移動。
a0126797_0413679.jpg
移動したものの、あまり湯に浸かってくれず、そこら辺をぶらぶら。
a0126797_0424610.jpg
子どもの中の一匹だけがもくもくと温泉に入り、さらに打たせ湯も堪能していました。
a0126797_0445843.jpg
カピバラは水に入るのが好きらしく、でも寒いのが苦手なので温泉にしているそう。
[PR]
by ayaiwata | 2011-01-14 13:03 | travel

まずは乳しぼり。

埼玉県こども動物自然公園にSちゃんとカピバラを見に行って来ました。
温泉に入るカピバラ一家を鑑賞、ということで、温泉タイムまでだいぶ時間があり、
たまたまタイミングよく牛の乳しぼりが出来るということなので、もちろんトライ。
人生初の乳しぼり。カエデちゃんの4つあるうちの1つをしぼらせて頂きました。
しわしわっというか、うねうねっとなってるのは血管です。
a0126797_19415013.jpg
ひとしぼりめから勢い良く出て、ご満悦でした。
a0126797_19433231.jpg
ミルク飲めるのかしらーと思って聞くと、殺菌していないからだめらしい。残念。
残りは搾乳機で事務的&機械的にぐぁーっと絞ります。
a0126797_0524942.jpg

まだ時間があったので、後ろ姿のアルマジロとか、
a0126797_19471433.jpg
手枕でお昼寝中のカンガルーとか、
a0126797_19491517.jpg
子供入れてるお母さんとか見ました。
a0126797_19502119.jpg
つづく。
[PR]
by ayaiwata | 2011-01-14 12:20 | travel

神奈川芸術劇場開館記念式典。

元町・中華街の近くに、新しく出来た「神奈川芸術劇場」のオープニングセレモニーに、
野村萬斎が能楽「翁」の三番叟を演じるので、観に行って来ました。
a0126797_12512882.jpg

この式典は神奈川県民のみに応募多数なら抽選、らしく、神奈川県民のSに
わざわざ往復はがきを出してもらい、当たりました。ありがとう。
少し遅れたのでかなり後ろからの鑑賞でしたが、能の衣装は上品で美しかったです。
素晴らしいホールで、3月に杉本博司氏の文楽を観に行くのが楽しみ。
ここの芸術監督は宮本亜門さんで、ロビーにいらっしゃった紋付き袴姿(非常に似合っていました)の彼、おばさま達からのツーショット撮影にも無茶苦茶感じ良く答えていました。

その後Sと歩きながら、世界一という名のまあまあな肉まんを食べ、悟空茶荘へ。
レトロな中国風の内装で雰囲気あります。そこで青茶(烏龍茶)と黒茶(プーアール茶)を
頼み、入れ方にいろいろいろいろ決まりがあって、難しかった。最初は店の方がデモを。
a0126797_13172939.jpg

一杯めは捨て(洗茶)、茶葉が入らないように器①(蓋碗)の蓋を少しずらして
爪で押さえながら同じくらいの大きさの器②(茶海)に移し、
更におちょこサイズの蓋つきの器③(茶杯)に移したら一旦天地逆にしてからまた戻し、
ふたに付いた匂いを嗅ぎ(楽しみ)、やっとその器③を飲みます。量的に一口。ちまちま。
最初から器①→③に入れたらいいんでは、とも思いましたが、そんな私は無粋なんでしょう。
慣れていないので蓋のずらし方が下手で、茶葉がばんばん器②に入ってしまい、
茶漉し的なものの開発は誰も考えなかったんかしら、とも。茶葉が入っても、
そんな小さなことは気にしたらあかんのかしら。一緒にオーダーしたパンケーキ調の
マーライコーがものすごく美味しくて、持ち帰りでも買いました。
a0126797_13151438.jpg
水盂(すいう)と呼ばれる壺。洗茶した茶湯や茶がらを入れるもの。でかくて立派。
そんなに使わず。
a0126797_13205972.jpg
初めてなので分からないなりにも楽しめました。
いろんな種類のお茶があったので、もっと色々試してみたいです。
[PR]
by ayaiwata | 2011-01-11 20:43 | art

平安神宮と清水寺とおみくじ3枚。

平安神宮でお参りをし、神苑へ。大好きな泰平閣(橋殿)。雪が積もっていて綺麗。
a0126797_1313314.jpg
ここの上から、松尾大社でゲットした鯉のえさを景気良く撒こうと思っていたのに、
鯉おらず。不発。

その後清水寺へ。だいぶ日が暮れてきて夕焼けが綺麗でした。
a0126797_1435130.jpg
今日は最初の松尾大社で勢いでおみくじを引き、毎年引いてる平安神宮では、そら引かんと、と引き、最後の清水寺だけ引かないのも、と引き、合計末吉2枚・吉1枚の、まあ大吉1枚ちょっとかな(勝手に)という結果でした。

日中はけっこう温かかったのですが、日が沈んでくるとやはり寒くて、カフェに入り
毛布にくるまりジンジャーティというか、しょうが汁を飲んで温まりました。占い師風。
a0126797_1551783.jpg
毎年恒例のお参りも無事出来て良かったです。今年も素晴らしい年になりますように。
[PR]
by ayaiwata | 2011-01-03 22:45 | travel

松尾大社。

毎年恒例の京都で初詣。いつもの清水寺と平安神宮にプラスして
今年はまず松尾大社へ初御参り。お酒の神様らしい。
本命は中の庭園。夏にいろいろ行った、重森三玲(作庭家)の庭が素晴しかった。
曲水の庭。平安風のつくりらしい。
a0126797_0454062.jpg
蓬莱の庭。鎌倉風のつくりで回遊出来るようになっています。滝もあり。
a0126797_0482968.jpg
石立ちまくり。
a0126797_0494982.jpg
鯉のえさ(100円)を買い、景気良くまきながら、でも平安神宮でも使うために
その後ずっと持ち歩きました。手というか手袋が鯉のえさの匂い。
[PR]
by ayaiwata | 2011-01-03 12:29 | travel



Aya Iwata Official<br />
Website

岩田 彩 Aya Iwata 
兵庫県出身。
桐朋学園大学音楽学部
卒業後、ニューヨーク・
マネス音楽院で修士課程・
ディプロマを取得。
ピアノを関晴子、
リチャード・グード、
ロバート・マクドナルド、
トーマス・サウアーの各氏
に師事。
チェンバロをアルター・
ハースに師事。

趣味: 読書。
好きな作家は三島由紀夫,芹沢光治良。
映画鑑賞。好きなのは、
フェデリコ・フェリーニ,
ウッディ・アレン,
伊丹十三。
旅行。
美術館巡り。
飛び出す絵本集め。

*出演依頼・お問合わせ*
ayaweb@ayaiwata.com
まで。

検索

ファン

ブログジャンル

音楽
アート・デザイン

画像一覧