岩田 彩の。


ピアニスト・岩田彩のブログ。
by ayaiwata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

日本刀素晴らしい。

練習しております。でもどうしても見たい展覧会が終わってしまうので、Kさんと
さっと表参道行って、表参道ヒルズに入ってるGolden Brownでアヴォカドバーガーを食べ
a0126797_1413066.jpg
根津美術館でやっている「名物刀剣」を観に行ってきました。
a0126797_1462173.jpg
建物も素敵ですが、私はこのエントランスが好きです。すがすがしくて気分がいい。
a0126797_1472586.jpg
そして展覧会が終わる前日の、土曜日なんかに行っちゃったものだから、激混み。
日本刀ばっかり50件(単位は件らしい)のうち、国宝9件、重文22件。
刀は全然詳しくないのですが、だいぶん前に細川家の家宝展に行って初めて見て以来、
美しいと思ったので、練習しないといけないのに、今回の展覧会へささっと観に来ました。
かなりの数が並んでいたので、見ごたえがありました。分からないなりにも、
ひとつひとつ見ていたら、表情が違っていて、数を見ていったら、好みのものも出てきて、
興味深かったです。刀の、切る部分(なんて呼ぶのか分からず。なみなみの部分)の
違いがバラエティに富んでいて、見ていて面白かったです。
この展覧会では太刀より、短い短刀に素晴らしいものがいくつかあって、
その前でかなりの長い時間、口を開けてあほみたいな顔して見とれてしまいました。
なみなみの部分に雲が浮いているように見えるものがいくつかあり、雲でもうろこ雲みたいな
のとか、すじ雲みたいにすぅーっとなっているものとか色々あり。
a0126797_2203944.jpg
気に入った短刀「短刀 銘 正宗(名物 不動正宗)」。
これからもっとたくさん、刀を見ていこうと決めました。
徳川美術館所蔵のものが多かったので行ってみようと思います。
なんぼでも観ていられましたが、練習しないといけないので、さらにささっと
a0126797_2274399.jpg
ソル・レヴァンテに寄り、モンブランを食べて帰る。充実。
[PR]
by ayaiwata | 2011-09-24 22:52 | art

コンサートのお知らせ。

ニューヨークで一緒に留学していたヴィオラの嶺さん(ぺーちゃん)と一緒に、
「ブラームスのピアノカルテットがやりたいね!」という会話からスタートし、
一緒に弾く仲間を見つけまして、それぞれのソロと室内楽を演奏するコンサートを
上野旧奏楽堂で開くことになりました。
a0126797_235082.jpg
「ソロと室内楽の午後」
10月8日(土)開演13:00 開場12:30 上野旧奏楽堂(JR上野駅公園口から徒歩10分)
前売り券 2.500円 当日券 3.000円

西内 真紀 ヴァイオリン
嶺 秀美 ヴィオラ
広瀬 直人 チェロ
岩田 彩 ピアノ

<プログラム>
・バッハ=ブゾーニ:シャコンヌ (ピアノ)
・ブラームス:チェロソナタ (チェロ)
・シューマン:3つのロマンス (ヴァイオリン)
・エネスコ:演奏会用小品 (ヴィオラ)
・ブラームス:ピアノ四重奏 

「バッハ=ブゾーニ:シャコンヌ」のピアノソロ、他の4曲もピアノは私が弾きます。
ホールはレトロで素敵な建物で、その空間でクラシックを楽しんで頂けたらと思います。
ぜひお越し下さいませ。
チケットの御予約・お問い合わせは、
ayaiwata0610@aol.com
までご連絡下さい。

みなさまにお目にかかれるのを楽しみにしています。
[PR]
by ayaiwata | 2011-09-23 23:38 | music

リバーリトリート。

a0126797_1321827.jpg
帰り際にもう一度ロビー。高い天井に、暖炉。
a0126797_1325249.jpg
エントランスにはクラシックカーが。
a0126797_1334598.jpg
庭を歩いていたらあまがえるが。かわいいので乗ってもらう。
a0126797_1362880.jpg
楽しい旅行でした。お土産にいちじく餅。美味しい。
a0126797_1393637.jpg

[PR]
by ayaiwata | 2011-09-12 18:10 | travel

ホテルの茶室。

朝ごはんは祇園さゝ木の「和彩膳所【樂味】」。
a0126797_12451527.jpg
館内には茶室が2席あり、見せてもらいました。本茶室「無私庵」。
a0126797_12404955.jpg
立礼席「巍邦軒」は椅子。
a0126797_12422256.jpg
カフェ・バースペースには、村上隆作品が2点。
a0126797_1249327.jpg
a0126797_12495084.jpg
高い位置に草間彌生。
a0126797_12521113.jpg

[PR]
by ayaiwata | 2011-09-12 12:53 | art

神通川のほとりで。

金沢を後に、富山にあるリバーリトリート雅樂倶 へ。
a0126797_14261794.jpg
神通川の目の前に建っているホテル。
a0126797_1426359.jpg
館内にはアートがいっぱい。レセプションには千住博の作品「ウォーターフォール」。
a0126797_14121363.jpg
草間彌生。
a0126797_14143766.jpg
細川護熙氏の壺。
a0126797_1422240.jpg
図書室には画集やアートの本がたくさん。
a0126797_14151042.jpg
ここは25室の客室にすべてが違うらしく、それぞれにテーマがあるらしい。
泊まった部屋は川を望む、見晴しのいい、デンマークの部屋でした。
晩御飯はフレンチのサヴールで。「ベルナール・ロワゾー・オガニザッションと提携した
レストラン」だそう。ちょっと油っこくて、まあまあでした。デザートは美味しい。
a0126797_1421697.jpg
浴衣の着付けがサービスでついていて、着せてもらう。
a0126797_14284140.jpg
帯が苦しくてすぐ脱ぐ。
[PR]
by ayaiwata | 2011-09-10 22:30 | travel

お寿司とぶどう。

金沢での最後の晩御飯は、鮨みつ川。東茶屋街から一本裏の町家造りのお店です。
a0126797_13324373.jpg
石川小芋の衣かつぎから始まり、平目・がんど・ばい貝・しめさばのお刺身、
あらをお寿司で、赤いかの紫蘇添え、はたはたの西京焼き。
カウンターのみの店内で、横に座っていた美男美女の夫婦と何かのきっかけで話し出し、
少し離れた席の夫婦がヨーロッパ好きでよく旅行に行かれる話をし、そうしていたら
店内にいた4組の客プラス大将全員で、和気あいあいとお話が出来て楽しかった!
前の週、東京の鮨さいとうに行った話をしたら、大将は仲が良いそう。
そしてお寿司。さわらの炙り・中トロ・小肌・まぐろ・しゃこ・煮はまぐり・うに・あなご・
のどぐろ巻・白えび、最後にたまご。
お話に夢中になって、こはだとまぐろが続けて2回出てきたりもしましたが、美味しかった。

その後、堅町にある「漱流」というバーへ。お酒が弱いので普段あまり飲まないのですが、
ここのフルーツカクテルがお勧めらしいので、ゴールデンパイナップルを頼む。美味しい。
a0126797_1344013.jpg
後ろの棚に、バカラのグラスが一列に並んでおり、両端が背が高いものから真ん中が
一番低くディスプレイされていて、綺麗なライン。他にマイセンのクリスタルグラスも。
次にルビーロマンのカクテル。
a0126797_13495754.jpg
ルビーロマンは、糖度18度以上のぶどう。一粒が巨峰の2倍ほどの20gあるらしい。
一房15000円くらいするそう。えー。
ここのお店は、フルーツをつぶすのに、でかいすりこ木で上からぐりぐりしていました。
店長さんにいろいろお酒の話を聞き、知らないなりにもウィスキーについて勉強(?)
してきました。いろいろちょっとずつ飲む。
a0126797_13561332.jpg
お料理も出しているらしくお勧めらしいので試してみたかったのですが、
お寿司でお腹がいっぱいだったので断念。いつかまた来たい。片町でなく堅町にあります。
[PR]
by ayaiwata | 2011-09-10 22:00 | meal

なぎさドライブウェイとスカシカシパン。

お昼を食べた後、千里浜なぎさドライブウェイを車で走りました。
この道は、海岸というか砂浜を車で通れます。すぐ横に波打ち際。
a0126797_13581678.jpg
空が綺麗で、ジェイコブズラダー(ヤコブの梯子・薄明光線・天使の梯子)も見られました。
a0126797_1474138.jpg
気分がいいので、何回かあほみたいに往復。爽快!
a0126797_1492098.jpg
浜辺で拾った、見たことのない貝がら(表)。実物はもっと紫色。
a0126797_14132068.jpg
「スカシカシパンじゃない?」と一緒にいた友達が言い、初めて聞いたその名前。
調べると、「スカシカシパン(英語: Sand dollar)は、棘皮動物ウニ綱タコノマクラ目
カシパン亜目スカシカシパン科に属するウニの1種。
スカシカシパン、タコノマクラを含むカシパン類、およびブンブクチャガマを含むブンブク類
はウニ綱に属するウニの仲間であるが、ムラサキウニやバフンウニのように食用には
ならない。これは、可食部である精巣・卵巣がほとんど発達していないこと、硬く大きな
外骨格を割るのも容易ではないこと、中身が食欲をそそらない黒緑色や、暗褐色を
している種が多く、種によってはヘドロのような異臭がするものがいることなどが
その理由である。カシパン類、ブンブク類は畑の肥料として利用されることがある。」。
カタカナの名前が、ふざけてるんでは、な名前の列挙で笑ける。スカシカシパン(裏)。
a0126797_14212599.jpg
浜辺で日が沈むまで空を眺めていたかったのですが、晩御飯の時間があるので、
泣く泣く後にする。今回の旅行は御飯に左右されます。。。
a0126797_14105311.jpg

[PR]
by ayaiwata | 2011-09-10 14:23 | travel

長谷川等伯展。

次の日は能登の方に行ってみることにし、石川県立七尾美術館の「長谷川等伯展」へ。
a0126797_0191435.jpg
建物は、世田谷美術館や元麻布ヒルズ設計の内井昭蔵氏。
a0126797_0193899.jpg
七尾市出身の長谷川等伯。日蓮聖人画像や曼荼羅が展示してありました。
国宝の松林図はレプリカ。本物は東京国立博物館蔵。
美術館の前に置かれていた「旅の記念に 顔はめ写真」があまりに突っ込みどころ満載で、
それ自身だけで撮影。こういうのって誰かになったりするんじゃないのかしら。
a0126797_035518.jpg
筆or猿の選択肢。肩車されてる子ザル的なものに関しては顔無し。シュール。
お昼は携帯でさらっと調べて点数が高かった「幸寿し」へいきなり入ってみる。
入店してすぐ満席。あおりいか・あおりいかげそ・平目昆布〆・がんど(ぶりの小さいの)・
トロ・あじ・ばい貝・甘海老・七尾湾の赤西貝・白海老・のどぐろ。これで2600円。
非常に美味しくて、大満足でした。
[PR]
by ayaiwata | 2011-09-10 13:32 | art

犀川のほとりで懐石。

犀川の近くの懐石「雅乃」へ晩御飯。カウンターで大将の前に座る。
いちじくのごまだれがけから始まり、玉子豆腐の上に鱧の葛包みに芽ねぎ添え、
平目のお刺身を魚醤の塩かわさび醤油で、ばい貝とみょうがにハマボウフウ添え、
栗ごはん(もち米)ぎんなん添え、そして自家製ひろうすがものすごく美味しかった!
ひろうすとがんもどきの違いは、
がんもどき→豆腐ベース
ひろうす(飛龍頭)→豆腐とすり身ベース。食材が、龍のうろこ(百合根)、龍の目(銀杏)、
龍のひげ(きくらげ)、とそれぞれのパーツを表しているらしい。
その後にかます、わかめ汁、能登牛ステーキ。
a0126797_21575645.jpg
賀茂茄子、お漬物がものすごく美味しくて、なす・きゅうり・白菜・みょうが。
a0126797_2252069.jpg
そして横の人に出されていて、こちらにもお願いした梅干し。
一番左の器に楊枝と一緒に写っているのは、塩うに。
a0126797_22191152.jpg
かつおの血合いの削り。目の前で削ってもらい、これだけ食べても味が良く美味しい。
a0126797_2263818.jpg
最後に、紫芋と丸芋を黄身餡にしたものの和菓子。
大将の雰囲気と話し方も感じ良くて、本当に満足して気持ち良く食べました。
[PR]
by ayaiwata | 2011-09-09 22:26 | meal

トイレにも作品。

スイスの作家、ピピロッティ・リスト作「あなたは自分を再生する」。
a0126797_2223880.jpg
女子トイレに展示されています。
a0126797_2231051.jpg
いろんな色に変化します。
a0126797_2232978.jpg
真ん中の丸い盤に、ぐるぐる映像が映ってまわります。
外に展示されているオラファー・エリアソン「カラー・アクティヴィティ・ハウス」。
a0126797_2285493.jpg
色の三原色、シアン・マゼンタ・イエローの三つのガラスの壁で出来ていて、
立つ角度によって色が混ざって違うものが見えます。それを見つつマンゴラッシー。
a0126797_22121736.jpg
夕焼けも綺麗でした。チューバみたいなのも作品「アリーナのためのクランクフェルト」。
a0126797_5384524.jpg
管に向かって話すと、他の管と繋がっていて声が聞こえるらしい。
金沢21世紀美術館、堪能しました。また来たい!
[PR]
by ayaiwata | 2011-09-09 13:17 | art



Aya Iwata Official<br />
Website

岩田 彩 Aya Iwata 
兵庫県出身。
桐朋学園大学音楽学部
卒業後、ニューヨーク・
マネス音楽院で修士課程・
ディプロマを取得。
ピアノを関晴子、
リチャード・グード、
ロバート・マクドナルド、
トーマス・サウアーの各氏
に師事。
チェンバロをアルター・
ハースに師事。

趣味: 読書。
好きな作家は三島由紀夫,芹沢光治良。
映画鑑賞。好きなのは、
フェデリコ・フェリーニ,
ウッディ・アレン,
伊丹十三。
旅行。
美術館巡り。
飛び出す絵本集め。

*出演依頼・お問合わせ*
ayaweb@ayaiwata.com
まで。

検索

ファン

ブログジャンル

音楽
アート・デザイン

画像一覧