岩田 彩の。


ピアニスト・岩田彩のブログ。
by ayaiwata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

レスピーギづくし。

東京オペラシティ コンサートホールへ都響のコンサートに行って来ました。
「作曲家の肖像」シリーズVol.84 《レスピーギ》
指揮:ロッセン・ゲルゴフ ピアノ:野原みどり
プログラムは、レスピーギの「ベルファゴール」序曲 ・交響詩「ローマの噴水」・
トッカータ ・交響詩「ローマの松」 。
オールレスピーギ。彼のバロックな作風が好きなので、かなり楽しみました。
野原さんのピアノは初めて聴いたのですが、音楽的で色っぽくて素敵でした。
ドレスも肩を全開(?)したストラップなしでセクシーでした。

「ローマの松」は、大学院の時にオーケストラの中でピアノパートを弾いたことがあり、
スコアを見て勉強したのを思い出しました。とにかく休みが多くて、ソロピアノでは
もちろん、室内楽でも何十小節の休みのカウントに慣れておらず、スコアで追いながら
緊張して自分の番を待つ。楽しかったです。

オペラシティは電車の乗り換えが難儀ですが、駅から正面入り口のエントランスが
天井が高くて気持ち良くて好きです。
a0126797_23252351.jpg
最近ICCに行ってないけど、久しぶりにまた行ってみようかな。

今日読んだ本 「邪悪なものの鎮め方」内田樹
これから彼の本を読んでいこうと思います。たくさん著書があるので、けちけちせず
焦らずに読めます。というのは、丸谷才一氏とかになると、ほとんど読んでしまって、
そして、長生きして頂かないと、と私にはどうすることも出来ない問題が。

いろいろ興味深いセンテンスがあり、まる写しに近い形で載せますと、
・呪鎮の装置がなくても人々は「平気」でいられるのか。
先日、六本木ヒルズにいったとき、あまりの「瘴気」に頭がくらくらした。
あれは多分、あの場所に数千人からの人が蝟集しているにもかかわらず、
霊的なキャナライザーが装置されていないせいではないかと思う。
「六本木ヒルズ神社」とか「六本木ヒルズ寺」とかを森ビルは勧請したのであろうか。
千里ニュータウンでは、巨大団地に寺社が含まれていないことに憤慨した僧侶が、
デベロッパーである阪急電鉄の総帥、小林一三に噛みついたら、小林一三は
さすが大人物で、千里山の頂上の土地を提供するから「じゃあ、あんたがそこに
寺を建てなさいよ」と言ったらしい。

・ひとが「答えのない問い」を差し向けるのは、相手を『ここ』から逃げ出せないように
するため」である。だから、多くの場合、「答えのない問い」は相手に対して
権威的立場を保持し続けたい人、相手を自分の身近に縛り付けておきたい人が口にする。
それゆえ、この場合の正解は可及的すみやかにその場から逃げ出すことなのである。

・「気をつけよう、暗い言葉と甘い道」を自戒としている。
「暗い言葉」を語る人間にはついてゆかない方がいい。

・常識というのは「常識じゃない」。「常識じゃない」からこそ常識なのである。
常識にはその正しさを支える客観的基盤が存在しない。個人の内心深いところで
革新せらるるところの知見のことなのである。常識の表明は「うまくいえないけれど」
「論拠を示せないけれど」「どうして自分がそのように考えるに至ったのか理路を
明らかにできないけれど」という無数の「けれど」に媒介されて行われる。
この危うさが常識の手柄なのである。
常識は「真理」を名乗ることができない。常識は「原理」になることができない。
これら無数の「できない」が常識の信頼性を担保している。人は決して常識の名に
おいて戦争を始めたり、テロを命じたり、法悦境に入ったり、詩的熱狂を享受したり
することができない。自分の確信に確信が持てないからである。


ええわあ。
[PR]
by ayaiwata | 2011-10-29 22:16 | music

掛け軸とファッション写真展。

「ウィーン工房展」のあと、ギャラリー小柳へ、Christian MarclayのScrollsを観てきました。
このギャラリーは何度か来たことがありますが、なかなかほったらかしにしてくれて好きです。
このChristian Marclay氏は、「ミュージシャン・アーティスト。1955年カリフォルニア生まれ。
1980年半ばから 「レコード・プレイヤー」という肩書の名刺を持つターンテーブルを使った
即興演奏のパイオニアとして、その名前を知られる」らしい。知りませんでした。
マークレーは、横浜トリエンナーレで「clock」という作品が展示されていて、絶賛されています。

ギャラリー小柳では、掛け軸シリーズが置いてありました。
a0126797_2322297.jpg
コミックで使われている擬音語をコラージュにして、掛け軸に表装。うーん。。。

その後、近くのPOLAミュージアムアネックスへ「Chic and Luxury -モードの時代-写真展」。ファッション雑誌を飾っていたファッション画は、印刷技術の進歩と写真の普及によって、
ファッション写真に替わっていきました。雑誌『VOGUE』『Harper’s BAZZAR』『l’Ellegance』
などに、写真が使われるようになり、50年代から60年代の写真が展示されていました。
リチャード・アヴェドンの「ドヴィーマと象」。美しい。
a0126797_0325583.jpg
ホルスト・P・ホルストの「マンボッシェのコルセット」。
a0126797_035894.jpg
一番好きだった、メルヴィン・ソコルスキーの作品。
a0126797_038040.jpg
プラスティックの球体に入ったモデルがいろんな場所に置かれて、シュールでした。
a0126797_0404680.jpg
どうなってんのかしら。
お洒落な写真展でした。普段あんまり写真展を観ないのですが、非常に楽しめました。
ファッションも素敵だったので、お薦めです。12月4日まで。
今日は展覧会をはしごして、充実&えらい疲れました。贅沢。
[PR]
by ayaiwata | 2011-10-28 23:59 | art

ウィーン工房展。

パナソニック汐留ミュージアムへ「ウィーン工房1903-1932─モダニズムの装飾的精神-」
観に行ってきました。
a0126797_22484735.jpg
ウィーン工房とは、1903年、建築家のヨーゼフ・ホフマンとコロマン・モーザー、パトロンと
なった実業家のフリッツ・ヴェンドルファーの3人が始めました。建築から、インテリア、家具、
照明や食器など、生活に関わるものを制作。さまざまな装飾を一貫したスタイルで統一する
「総合芸術」をかかげ、制作から販売まで行いました。
ホフマンの作品を初めて観たのは、ニューヨークのノイエ・ギャラリーで、ナイフ&フォークなどの
カトラリー・花器・食器。特に目を引いたのが、「とうもろこしの持ち手」。
a0126797_0222362.jpg
まずこうゆうもんが存在するのを知りませんでしたが、とうもろこしの両側に、
これを一つずつ差して持って食べるらしい。端から端まで食べれてくるくる回せます、みたいな。
今回の展覧会にもありました。他にモーザーの椅子、ホフマンのブローチも素敵でした。
クリムトに献呈された、ココシュカの詩画集『夢見る少年たち』も展示されていました。
展示数は多くは無いのですが、見ごたえがあります。照明はPanasonic製のLEDでした。

今日読んだ本 「疲れすぎて眠れぬ夜のために」 内田樹
非常に良かったです。お薦め!いろいろ気に入ったセンテンスがありましたが、
・不愉快な人間関係に耐えていると、生命エネルギーがどんどん枯渇してゆく。
不愉快な人間関係は我慢しない方がよい。
・「濡れ手に粟は」少しもよいことではない。価値観が混乱すると、本当に大事な決断の時に
選択を誤らせる。価値観が狂うのはすごく損な取引。価値観が狂うというのは、一生癒えない
傷ですから。
など。彼のブログ、「内田樹の研究室」とtwitterも面白くていつも読んでいます。
61歳とは思えない、感覚が若くて、ユニークな文章。
神戸女学院で10年ちょっと教えていらっしゃいました。武道家でもいらっしゃいます。
[PR]
by ayaiwata | 2011-10-28 23:28 | art

紙屋さんへ。

玉三郎の後、銀座のJohanにパンを買いに行ってから、TAKEO PAPER SHOW 2011「本」を観に
神保町の竹尾見本帖本店に行って来ました。何年か前に行った、丸ビルでのペーパーショウは
原研哉さんが仕切っていて素晴らしかったのすが、今年のはまあまあでした。
この場所に来たのは初めてだったのですが、1階のショップがすごかったです!
a0126797_15175346.jpg
2,700種類・300銘柄の紙の見本が、色ごとのグラデーションに置かれていて、A4サイズと
全判サイズが買えます。薄さもいろいろあって、「130kg」など、今まで知らなかった単位。
調べてみると、
 紙の厚さは、「原紙1000枚分の重さが何㎏になるか」で表します。「原紙1000枚」を
1連という単位で表すことから、この重さ(紙の厚さ)のことを「連量」といいます。
同じ種類の紙なら、「連量」が多いほど厚いということです。
しかし同じ種類、同じ厚さの紙でも、A列本判とB列本判では原紙の大きさが違うわけですから、
「連量」も違います。ですから、「A列本判70.5kg」のように、「原紙の種類」と「キロ数」の
両方を表記します。
らしい。勉強になるわー。
紙好きなので大興奮しながら買ったA4サイズ。
a0126797_15251942.jpg
新商品がいろいろ出るみたいなのでまた行こう!
 今日読んだ本 「たてつく二人」 三谷幸喜 清水ミチコ
お二人が対談しているラジオ番組の書籍化4冊め。清水ミチコの愛ある厳しい突っ込みが
大好きです。面白かった。彼女のブログも力抜けていていい感じです。
三谷幸喜のエッセイで秀逸なのが「オンリー・ミー 私だけを」。ものすごくお薦め。
[PR]
by ayaiwata | 2011-10-25 23:03 | art

坂東玉三郎特別舞踊公演。

日生劇場で「坂東玉三郎特別舞踊公演」を観てきました。
a0126797_2544061.jpg
演目は、「傾 城」「藤 娘」「楊貴妃」。傾城の衣装がものすごくゴージャス。
そして演技が美しかった!同じ時代に生まれて、彼の舞台を観られて良かった!と親に感謝。
藤娘は何度か衣装変えがあり、どれも藤の花が刺繍してあり、ある衣装では、ひらがなの「ふ」
に藤の花が連なるデザイン。
20分演じて幕間20分、25分演じて幕間30分、最後に30分。幕間多いな、と思ったのですが、
彼のひとり舞台なので、そりゃ休憩こんなけいるよね。衣装だけじゃなくメイクも変えないと
いけないし。最後の「楊貴妃」は白くてきらきらしていて、妖精みたいでした。
三味線を角度を変えて演奏して、胡弓みたいな音が出ていて、雰囲気が楊貴妃にぴったり。
玉三郎もそれに合わせて歌うシーンもありました。別の舞台では三味線もお琴も弾いてたし、
なんでも出来るんですね。すごいなあ。

日生劇場は村野藤吾の建築で、1963年に竣工。劇場の客席天井・壁は音響効果上、
うねるような曲面で出来ていて、天井には2万枚のアコヤ貝の貝殻が散りばめられていました。
海底をイメージしているそうです。まさにそんな感じ。
a0126797_251498.jpg
終わって入口に等身大(より大きいかも)のパネルが。でかくてカメラに収まらず。
a0126797_252956.jpg
この舞台が観れて本当に幸せでした。
[PR]
by ayaiwata | 2011-10-25 22:47 | art

サントリーホールで現代曲。

サントリーホールへ読売日本交響楽団のコンサートに行って来ました。
a0126797_2249471.jpg
プログラムは、ジョン・アダムス:ドクター・アトミック・シンフォニー(日本初演)
團伊玖磨:交響曲 第6番「広島」
下野竜也氏指揮。後半の團伊玖磨の曲では、能管・篠笛:一噌幸弘 ソプラノ:天羽明惠。
「ドクター・アトミック・シンフォニー」は、元々オペラだったものを、アダムズがシンフォニーに
改変。「原爆の父」と呼ばれるロバート・オッペンハイマーを描いた作品。
戦争での爆撃シーンや、兵士の行進、空襲警報が鳴り、群衆が逃げ惑っている様子が、
聴いていて頭に浮かびます。すごいよく出来た曲で引き込まれました。

ジョン・アダムズは、1947年アメリカ生まれのミニマルミュージックの作曲家。
ミニマル・ミュージック(Minimal Music)とは、単純でパターン化された音型を反復させる音楽。
1960年代から盛んになり、スティーヴ・ライヒ、フィリップ・グラスも代表的な作曲家です。
ニューヨークにいた頃、クラリネットと室内楽のための曲「Gnarly Buttons」の電子ピアノ
パートを弾きました。この曲は牛の鳴き声を入れないといけなくて、メンバーの誰かが
牛の鳴き声の目覚まし時計を持っていて、それを使った記憶があります。
そして同じ曲で、室内楽パートをピアノ用に編曲しないといけなくて、それをクラリネットの人と
半年前に弾きました。楽しい曲でしたが、ミニマルなだけに、リズム命!でした。


「広島」は50分もある大曲で、めっちゃ長かったです。能管と篠笛の奏者が袴でびしぃっと
ソリストの場所に座っていらっしゃってかっこ良かったです。カデンツァがたくさんあり、
フルートと呼応し合って演奏する場面もあり、西洋楽器と音程が少し違っていて面白かった。
2楽章では、広島民謡「鞆の浦大漁節」ががんがん入っていました。

團伊玖磨氏は、小学校の頃から「パイプのけむり」シリーズを読んでいたので、勝手にすごい
身近な作曲家です。「ぞうさん」の作曲者やし。
彼の文章はめっちゃくちゃ面白くて、かなり頑固な話も多くて、人間味あふれまくりです。
晩年に八丈島に住んで京野菜を育てていらっしゃったのですが、「京野菜が栽培できる南限を
探っている」らしい。また読み返してみようかな。

なかなか面白いプログラムのコンサートで、聴きごたえがあり堪能しました。
[PR]
by ayaiwata | 2011-10-24 22:44 | music

うぃー。

一緒に温泉に行ったあと、Sちゃんちに行って、病気療養中のジョンくんに会ってきました。
着衣のジョン。
a0126797_19123279.jpg
お大尽席でのジョン(脱衣)。きんいろのおざぶ。
a0126797_19141952.jpg
その後、Sちゃん買いたてのWiiを。人生初Wii。
子どもの時にファミコンとかゲームを一切与えられなかったので、非常に下手です。
まずマリオカートを。キャラクターの選べるとのことで、キングテレサというのを。
a0126797_19235730.jpg
数十分やり、あまりに上手くいかず、次はボーリングを。これはまあまあ。そしてゴルフを。
a0126797_19262496.jpg
ジョンくんが足元に寄ってくるので、ほんとにクラブ振ってたら危ないよ。死んじゃうよ。
楽しむに至るまでは、もっと練習が必要だと思いました。でも、向いてないわー。
a0126797_20175491.jpg
夕方から東京国際文化会館に、クウォーターズの25周年パーティに行きました。
レトロで素敵な建物。夜だったので暗くて見えなかったのですが、庭園も素晴らしいらしく、
7代目小川治兵衛の作庭らしい。お昼にちゃんと行ってみたい。
[PR]
by ayaiwata | 2011-10-22 22:07 | etc...

陶芸展とトナカイの肉。

南青山のうつわ楓に「田中信彦展」へ行って来ました。
a0126797_187511.jpg
銀座のEPOCAの地下の「日々」でたまたま作品を見て以来の個展です。
a0126797_1813364.jpg
260点ほどの作品が並んでいました。欲しいものがたくさんあったのですが、
a0126797_18141236.jpg
手前の2つと、丸い箸置きを購入。金色の部分にお箸を乗せます。かわいい。
a0126797_18155159.jpg
蓋付きの入れ物、何いれようかなあ。最近作った干ししいたけとか。実用品過ぎか。。。
a0126797_18571271.jpg


晩御飯は、吉祥寺の「北欧料理アルトゴット」にSちゃんと行きました。トナカイ肉のサラダ。
a0126797_18364046.jpg
マリネにしてあり、くさみもありません。
にしんの酢漬けや、クレープでサーモンを巻いたものなど、どれも美味しい。
a0126797_1849869.jpg
メインのトナカイの煮混みは牛って言われてもそうなんや、と分からないかも。
3月にニューヨークで、aquavitで初めて北欧料理を食べたのですが、えらいファンシーで
美味しかったけど疲れる感じでしたが、ここはアットホームで雰囲気も良く、また来たいです。

今日読んだ本 「マアジナル」 田口ランディ
面白かった!あっと言う間に読めてしまいます。田口ランディの著書は、小説もエッセイも
読んでいますが、「コンセント」に次ぐ面白さでした。UFOのお話。お薦め!
[PR]
by ayaiwata | 2011-10-20 22:30 | art

イケムラレイコ展。

ロートレックの後、カカオサンパカに寄って、「ジャラッツ」というものを買いました。
a0126797_23424269.jpg
要はソフトクリーム。ちょっと溶けかけ。後ろにはヘンリー・ムーア。
a0126797_23525674.jpg
別のアングルでもまた。
その後竹橋の国立近代美術館にひとりで行き、「イケムラレイコ うつりゆくもの」展へ。
これもマリちゃんから招待券頂きましたありがとうマリちゃん!
この展覧会は、いろんな人から「いい!」と聞いていたので、とても楽しみにしていたのですが、
ものすごく良かったです!!特に「よるのうみ」と、
a0126797_1304972.jpg
「red tree」、
a0126797_1382184.jpg
パステルで描かれた「樹の愛」シリーズも素晴らしかったです。
このイケムラレイコさんを存じ上げなかったのですが、三重県津市出身の画家・彫刻家。
現在はスイス在住。クレマティスの丘のヴァンジ彫刻庭園美術館に作品がたくさんあるようです。
いつか行ってみたい。

今日読んだ本 「蕎麦処山下庵」 山下洋輔
丸谷才一・南伸坊・菊地成孔・椎名誠・妹尾河童・タモリ・林英哲など30人が、自慢の蕎麦屋を
山下洋輔氏とのエピソードを交えながら紹介。お店情報も載っています。
一人ひとりのエッセイのあとに、山下氏のコメントも良いです。
[PR]
by ayaiwata | 2011-10-18 21:51 | art

三菱一号館でロートレック。

三菱一号館美術館へ「トゥールーズ=ロートレック展」を、○○新聞取ってて招待券もらった
マリちゃんから招待してもらって行って来ました。
a0126797_2503651.jpg
ここ最近、美術館には(期間末に行って混み過ぎてて)負け越しているので、今回は張り切って、
始まって6日目!平日昼前!に入館!
めっちゃ空いてる!!
もう、こうゆう感じでいつも見たいねえ、とマリちゃんと言いながら、空きまくっているので
むしろ大丈夫かしら、と心配してあげちゃうほどの余裕っぷり。
今調べたら今週の「日曜美術館」はこの展覧会を放映するらしく、そういえばあれで放映すると
混む気がします。会期中早め&平日&昼間&日曜美術館放映前、がゆるりと見れるんかも。

フランス・アルビにあるトゥールーズ=ロートレック美術館と三菱一号館美術館は姉妹館らしく、
アルビの美術館から持ってきた作品がいろいろありました。
と言ってもやっぱりポスターが多いので、どっかで観たことがあるのが多かったです。
でも若い頃の油絵は観たことがなくて、面白かった。あと、リトグラフ(石版画)の、
「ロイ・フラー嬢」という作品、虹色トーンの刷りと、金粉・銀粉をのせたものが一枚づつあり、
構図と、色合いが素晴らしくて見惚れました。↓これ。
a0126797_38228.jpg
ジュール・ルナール(「にんじん」の作者)のテキストにロートレックが挿絵を付けた「博物誌」が
可愛かったです。
a0126797_1540331.jpg
自分の自画像が入ったメニューカードや、
a0126797_162180.jpg
ちょっとどうなの、と思ってしまった「象の行列」
a0126797_1642841.jpg
がユーモラスでした。
ミュージアムショップで、またもやいけてる付箋やポストカードを買い、そこで気になった商品が。
a0126797_1618572.jpg
「パリのムーランルージュで買いつけてきたカチューシャ」。2万円ちょっとします。「スワロフスキーのクリスタル付き」。
一応記念に、試着(試装?)してみましたが思いのほか似合わず、踊り子の道は遠い。

アルビにあるロートレック美術館にいつか行きたい。
[PR]
by ayaiwata | 2011-10-18 13:30 | art



Aya Iwata Official<br />
Website

岩田 彩 Aya Iwata 
兵庫県出身。
桐朋学園大学音楽学部
卒業後、ニューヨーク・
マネス音楽院で修士課程・
ディプロマを取得。
ピアノを関晴子、
リチャード・グード、
ロバート・マクドナルド、
トーマス・サウアーの各氏
に師事。
チェンバロをアルター・
ハースに師事。

趣味: 読書。
好きな作家は三島由紀夫,芹沢光治良。
映画鑑賞。好きなのは、
フェデリコ・フェリーニ,
ウッディ・アレン,
伊丹十三。
旅行。
美術館巡り。
飛び出す絵本集め。

*出演依頼・お問合わせ*
ayaweb@ayaiwata.com
まで。

検索

ファン

ブログジャンル

音楽
アート・デザイン

画像一覧