岩田 彩の。


ピアニスト・岩田彩のブログ。
by ayaiwata
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ハタハタとブリコ。

ルミネの食料品売り場にいたら、魚屋さんが「半額!!」と叫んでいたので、買ってみました。
ハタハタ。なんか巨大なフナみたい。子持。お腹ぷっくり。
a0126797_12504563.jpg
生まれて初めて触ったのですが、ぬめぬめしていてひるむ。塩焼きにしました。
a0126797_12521271.jpg
びぃーん。かなりの反り。食べ始めてみて、身がほとんどなく、卵部分が幅利かせてます。
ハタハタは、「漢字で「鰰」もしくは「鱩」、別名カミナリウオと呼ばれる。
卵はブリコと呼ばれ、卵の周りはヌルヌルとした感触をもった粘液で覆われている。」
まさに卵を食べようとしたら、つぅーっと糸を引くものがあり、「あれ?もしや古い?」と
不安になって調べてしまいました。あまりにぬるぬるしているので、味付けてちょっと煮る。
a0126797_1305821.jpg
かなり弾力性があり、プチプチという感じでなく、ゴムぐらいの感触。
「噛んだ時の音が「ブリッブリッ」という鈍い音になるのが「ブリコ」と呼ばれるゆえん。」。
秋田県の県魚らしい。

今日読んだ本 「天の夜曲 流転の海 第4部」宮本輝
熊吾が伸仁に、「自分が出来ることは、ケチな料簡を起こさずに親身になってしてあげにゃあ
いけん。見返りを求めちゃあいけんぞ。こっちがしてあげたことに対して、相手が裏切りみたいなやり方で応じても、知らん振りをしちょれ。それがいつかお前という人間に福徳のようなものを運んでくる。」と。他に、
「相手を傷つけたり、怒らせたりしてもうたら、お前がなんぼあれは冗談じゃったと弁明しても
あとの祭りじゃ。そんな冗談を言うたり、やってのけたりしたお前が悪い。
怒ったり、傷ついた相手の料簡の狭さのせいにしたりしちゃあいけん。」と。
[PR]
by ayaiwata | 2011-11-30 22:50 | meal

うずらのケーキ。

うずらの卵で出来た、生カステラを食べました。真ん中からとろ~っと黄色いものが。
a0126797_1212598.jpg
いったい何個のうずらが使われてるんかしら。他にうずらの卵のプリンも濃厚で美味しかった。
a0126797_123738.jpg
おまけでもらったうずらの卵。1つが大きい。
a0126797_1243171.jpg
えらい大きいなと思ったら二黄卵でした。

今日読んだ本 「血脈の火 流転の海 第三部」宮本輝
第三部では、大阪の土佐堀川の裏で、中華料理屋と雀荘ときんつば屋を経営。きんつばは
熊吾ご自身で焼いています。
[PR]
by ayaiwata | 2011-11-29 22:14 | meal

フレンチでマコモダケ。

北海道に住む、高校のクラスメイトYちゃん&だんなさんが東京に遊びに来たので、
六本木のRestaurant Ryuzu でランチしました。
Yちゃんは、私がニューヨークにいた時にパリに留学していて、遊びに行って泊めて
もらったり、パリからアムステルダムやブリュッセルへ、電車で一緒に旅行しました。
帰国してからは、離れているので頻繁には会えないけど、会う時はなぜか必ず明石焼きを
一緒に食べるのがトラディショナル(?)。なのですが今日はフレンチで。
ここは、ロブションの飯塚シェフが独立、六本木ミッドタウンの裏の地下1階にあります。
前菜は「京都丹後産やり烏賊にペピラードを詰めて マコモ茸のソテーを添えて」。
a0126797_20373047.jpg
ねぎみたいな白い、カットしてあるものがマコモ茸。イネ科。
a0126797_21131812.jpg
メニューで分からないことがあればすぐ聞くのですが、ここのお店の人たちは感じ良くしっかり
答えてくれて、客との距離も適度にあって、でもマニュアルどうりでなく人間的で完璧でした。
ペピラードとはバスク地方の煮込み野菜のことらしく、烏賊に詰めてありすごく美味しい。
a0126797_20512852.jpg
烏賊カット後。かなりのボリュームで、メインぐらいの量がありました。
a0126797_2059952.jpg
メインの「越乃黄金豚と豚足をクレピネット包み焼きに粒マスタードのソースで」。美味しくて
山盛り食べたい!と思って食べ進んでいくと、かなり重たくて、量的にちょうどでした。
クレピネットとは、豚の内臓を覆っている網脂のことで、これで包んで焼くと形が崩れず
脂肪分・水分が適度に肉に残るらしい。豚肉と豚足のハンバーグの上にしいたけを敷いて、
その上に網脂をかぶせてありました。
a0126797_2124437.jpg
最後は「フルーツのパナッシェと蜂蜜のジュレ ピンクグレープフルーツのソルベをのせて」。
どれも美味しくて、コストパフォーマンスもよく、またぜひ来たいです。
Yちゃんにお土産にもらった北菓楼のバウムクーヘン。しっとりしていて美味しい。
a0126797_21231371.jpg
あと、お願いしたじゃがりこではなくじゃがぽっくりも。ありがとう!

今日読んだ本 「地の星 流転の海 第2部」宮本輝
どんどん読みます。読み始めたら止められなくて、寝不足。
たびたび出てくる熊吾の「何がどうなろうと、たいしたことはありゃあせん。」という言葉が、
頭に残ります。2巻めにして伸仁、まだ5歳。
[PR]
by ayaiwata | 2011-11-26 22:24 | meal

殿ヶ谷戸庭園で紅葉を観る。

Pちゃんと数時間、予定が合ったので、久しぶりに会ってランチ(チャーハン)を食べてから、
国分寺にある殿ヶ谷戸庭園に紅葉を観に行って来ました。まだちょっと早かったらしく、
青々としてる樹もありましたが、色づいているところも。
a0126797_23513281.jpg
松の樹の雪吊りが出来ていました。
a0126797_23563410.jpg
紅葉亭(数奇屋風の茶室)をのぞむ。
a0126797_23552428.jpg
殿ヶ谷戸庭園は「1913年から1915年にかけて、江口定條(満鉄副総裁)の別荘として
庭師・仙石が作庭。1929年(昭和4年)に三菱財閥の岩崎彦弥太が買い取り、
津田鑿(つださく・建築家)の設計で洋風邸宅、紅葉亭などを追加整備した。
昭和40年代に再開発計画が持ち上がるが、保存を求める住民運動をきっかけとして
1974年(昭和49年)東京都が買収、公園として整備の後に1979年(昭和54年)4月より
有料庭園として公開した。回遊式林泉庭園」。
a0126797_091320.jpg
あったかいトフィーナッツラテを飲みながら、旬のものを見つつ、いろいろ話せて良かった。
[PR]
by ayaiwata | 2011-11-25 23:47 | travel

ついでにギャラリーへ。

ヴィトンの店に入ってうろうろ見てたら、「エスパス ルイ・ヴィトン東京」こっち。と
書いてあったので、ついでだし行ってみる。ルイ・ヴィトン表参道の5階のギャラリー。
a0126797_1472025.jpg
ニューヨーク在住のアリソン・ショッツさんの作品「GEOMETRY OF LIGHT」。
フラネルレンズで出来ています。(写真はネットから拝借。)今日は雨だったので、
お天気が良かったら、また全然違って見えるでしょうから、また来てみようかな。
a0126797_1574620.jpg
壁に展示されていた、大きな作品「Coalescent」。おざぶを敷いて鑑賞出来ます。
入場無料なので、お買い物ついでにどうでしょうか。私はくまにつられて入ってみました。
[PR]
by ayaiwata | 2011-11-23 23:41 | art

ブランドアニマル。

久しぶりに美容院に行って、散髪。久方ぶりに前髪(とゆうか横髪)を作りました。
ヘッドスパもしてもらう。首ねっこをぐいぐいつかまれて気持ち良かった。
その後、近くの「まめ」に寄って「苺大福始めました」的な張り紙が貼ってあり、3つ買う。
a0126797_0535687.jpg
そして原宿駅から次の仕事に行こうと、表参道を歩く。普段全くノーチェックのお店に、
a0126797_105178.jpg
くま。これは!!用は無いけどこれを見る用が今出来たので入る。(写真はネットから拝借。)
a0126797_125425.jpg
a0126797_131862.jpg
a0126797_133589.jpg
既製品のいろんなパーツを使って製作されています。
これは、「スモール・レザーグッズ(革小物製品)誕生100周年」を記念して、
イギリス人新進女性アーティスト、ビリー・アキレオス氏とのコラボレーション、らしい。
ビリーさん。モノグラムベアとツーショット。12月14日(水)まで。
a0126797_1122861.jpg
私はアルマジロが一番気に入りました。
a0126797_1324018.jpg
カメレオン。
a0126797_1331352.jpg

[PR]
by ayaiwata | 2011-11-23 23:34 | art

しいたけ作ります。

こないだ一緒に弾いた方から教えてもらった、しいたけ栽培キット。けっこうでかい。
a0126797_232414.jpg
ロフトに売ってます。1500円。エリンギもあったけど、その方曰く、「エリンギは難しい。」
らしいので、初心者は「しいたけ」で。箱を開けると、こういう物が入ってます。
a0126797_2345111.jpg
グロい。かなり衝撃的でした。ちょっと育っちゃってるのが袋にぶつかって、むにゅぅ。と
なっており、しかもこれは「もいで捨てて下さい」と説明書。せっかく生まれた命(菌)なのに。
と、教えてもらった方にメールすると、「普通はもぐけど、生えまくってるから、もいだら菌が
減っちゃうし、今年はそのままでやる」とのことなので、私もその方向で。
霧吹きがいるらしく、ファブリーズも満タン入っていて代用出来ないので、
まずは霧吹きを買ってこないと。ひと冬で3回転、合計50個ほど出来るらしい。ほんまかしら。
ロフトで横に売ってた、「バジル出来ます」もついでに購入。霧吹きかけ&水やりにいそしむ。
[PR]
by ayaiwata | 2011-11-23 23:31 | etc...

丸ビルで宝塚展。

先日、丸ビルに行った時にたまたま通りかかったらやっていました「宝塚歌劇展」。無料。
a0126797_0364372.jpg
舞台で使ったかぶり物や帽子、
a0126797_037275.jpg
ふぅわっふぅわっ!とした、かさ高いゴージャスなものとか。
a0126797_0434379.jpg
そのなかに、異色のものが。
a0126797_0395658.jpg
「オグリ! ~小栗判官物語より~」で使われたらしい。いいわあ。。。
[PR]
by ayaiwata | 2011-11-22 23:58 | art

ミュージアムショップでピンバッチ四種。

こんな所にも小さく紅葉が。
a0126797_135507.jpg
日が暮れてきて、空が綺麗。
a0126797_1362584.jpg
ミュージアムショップでいろいろ物色。フランク・ステラ作品のピンバッチ2種類。
a0126797_138867.jpg
美術館の入口入ったすぐのステンドグラス
a0126797_13904.jpg
のモティーフのピンバッチも2種類。
a0126797_1393152.jpg
モホイ・ナジが出身のハンガリーに便乗した記念切手。
a0126797_1402210.jpg
バスの関係で滞在時間3時間半でしたが、楽しく過ごしました。
来やすいし空いてるしお薦めです。
[PR]
by ayaiwata | 2011-11-22 16:35 | art

庭園散策。

美術館で食べた後、腹ごなしに庭を散策。美術館の前には大きな池があって、がちょうが
かなりアグレッシヴにがーがー鳴きながら、おそらくご飯を要求されているようでした。
a0126797_23373042.jpg
紅葉が始まっています。もみじ。
a0126797_23392861.jpg
庭はかなり広くて、セクションに寄っていろんなものが植わっています。皇帝ダリア。
a0126797_23443667.jpg
皇帝ダリア初めて見ました。背が高くて、英語ではTree Dahlia。花言葉は「乙女の純潔」。
芝生の中に突然植わっていた、ドイツから贈られた苗木。細い方がプレゼント。補強木、太。
a0126797_23462076.jpg
ヘンリー・ムーアの「ブロンズの形態 」。
a0126797_23552566.jpg
お天気が良くて、あったかくて気持ち良かったです。
[PR]
by ayaiwata | 2011-11-22 14:34 | art



Aya Iwata Official<br />
Website

岩田 彩 Aya Iwata 
兵庫県出身。
桐朋学園大学音楽学部
卒業後、ニューヨーク・
マネス音楽院で修士課程・
ディプロマを取得。
ピアノを関晴子、
リチャード・グード、
ロバート・マクドナルド、
トーマス・サウアーの各氏
に師事。
チェンバロをアルター・
ハースに師事。

趣味: 読書。
好きな作家は三島由紀夫,芹沢光治良。
映画鑑賞。好きなのは、
フェデリコ・フェリーニ,
ウッディ・アレン,
伊丹十三。
旅行。
美術館巡り。
飛び出す絵本集め。

*出演依頼・お問合わせ*
ayaweb@ayaiwata.com
まで。

検索

ファン

ブログジャンル

音楽
アート・デザイン

画像一覧