岩田 彩の。


ピアニスト・岩田彩のブログ。
by ayaiwata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

初収穫!

日に日に大きくなっていく彼ら。いつ収穫したらいいのか初めてなので見極めれず、
もういいやろう、と今日、2つ収穫。
a0126797_14343037.jpg
でかい!直径7センチ。高さ10センチ。足が太い。太すぎる。採ってすぐえびドリアに入れる。
味が非常に濃かったです。次の子もどんどん控えているので、そのうち、採れ過ぎて
「んー。干しいたけにでもするか」ぐらいのお荷物になるかも(大きく見積もる)。
無意味に手に取って撮影。初収穫、美味しくて嬉しい!
a0126797_14374430.jpg

[PR]
by ayaiwata | 2011-12-26 14:39 | meal

アークヒルズでお餅つき。

サントリーホール・ブルーローズでのお昼の本番終わって歩いてたら、「ヒルズマルシェ」で
a0126797_226315.jpg
野菜やりんご、しぼりたてオリーブオイルもう残ってるこれだけ!やら売ってて大盛り上がり。
その先でいきなり、「餅つき」をいかつめのお兄さんたちがやってました。
a0126797_2271063.jpg
おもち大好き!さらにつきたて中のつきたて!ひとけた代の歳の時におじいちゃんちで
食べて以来かも。お雑煮・あんこ・いそべ焼き、どれでも二個ひゃくえん。
a0126797_2294328.jpg
かなり迷いましたが、まだ始めたばかりっぽく、ぜんぜんつけてなくて時間かかりそうで、
この寒空の下では待てず、気持ち切り替えて香妃園でかにチャーハンにしました。残念。

a0126797_2322484.jpg
サントリーホール入口付近もクリスマス調。
a0126797_2324247.jpg
通りかかった全日空ホテルのロビーも立派なのが。
[PR]
by ayaiwata | 2011-12-24 11:35 | etc...

Apple Store 銀座でトークショー。

Apple Store 銀座の3階へ、鈴木芳雄さんと金沢百枝さんのトークショーに行って来ました。
a0126797_11501396.jpg
iPhoneのアート系アプリについてから、お二人がされた仕事の話をパワーポイントを使って、
画像を見ながら進行。いろんなところに話が飛んで面白い。
鈴木芳雄さんは、元 雑誌BRUTUS副編集長で、BRUTUSで杉本博司や奈良美智、村上隆を
紹介されています。彼のブログとtwitterが面白くて愛読しています。
金沢百枝さんは美術史家で、「イタリア古寺巡礼」(新潮社とんぼの本)を最近出されました。
イタリアの古い教会の装飾のお話がとても興味深かったので、帰りに本屋さんに見に行く。
トークの間、横に座っていた男性は、話題に出たワードをパソコンですぐに調べたり、
みなさん、iPhoneを触りながら聞いていて面白かったです。
アプリから割引券がついていたり、美術館に行ってアプリを開くと詳しい説明が見れたり、と
いろいろ楽しそうで便利。それにしても、どんどん新しい方法が出てきてすごいなあ。
自分がこういうものに遅れているのを実感しました。勉強になった2時間。
a0126797_1202477.jpg
アンケートに答えた人全員に、山口晃のクリアファイルが。国内の美術館が描かれています。
a0126797_11513061.jpg

[PR]
by ayaiwata | 2011-12-15 07:53 | art

Suicaペンギン。

恵比寿のアトレの本屋さんで見つけて、友達のプレゼントに買う。Suicaのペンギントランプ。
a0126797_238943.jpg
かわいい。絵柄が全部違います。あげた後に自分にも欲しくなって、また買いに行きました。
他にSuicaペンギン花瓶、小皿、湯呑、れんげ(陶器のスプーン)、カップ、レターセットなど
盛りだくさんに売っていました。いろいろ売り切れていて大人気。

今日読んだ本 「慈雨の音 流転の海 第6部」宮本輝
そしてもう一度6巻を読む。分かりやすい(当たり前)。伸仁まだ13歳。
この先第7部が出て、またディテール忘れて再び読みなおさないといけなくなる前に
次の巻が出てほしい。もう切実に。早く続き読みたいし。
[PR]
by ayaiwata | 2011-12-05 22:07 | etc...

きのこの。

先日行った美術館のミュージアムショップの前に置いてあったガチャガチャ(正式には
‘カプセルトイ’らしい。)で、これは!というものがあったので一回トライ。200円。
a0126797_016028.jpg
「キノコ ソフトストラップ2」のドクツルタケ。新品なのに、根元は既に黄ばんで、というか
土付いててそのままです的な細やかさ。他のラインアップはこんな感じ。
a0126797_018427.jpg
ガチャっとする前に、なんとなくこの白いやつか、黄色い「ウスキキヌガサタケ」がいいな、と
思っていたので、まあ当たりでした。トリュフとか実際どうなんかしら。
「シリーズ2」らしいので、1はどんなの、と調べてみました。
a0126797_02111100.jpg
いいわあ。この会社は他に、山菜ストラップも作っています。
a0126797_025489.jpg
アケビやらザクロやら。なぜストラップに?とかもう愚問。欲しい。
Kさんの携帯に無理矢理ぶら下げて写真まで撮る。お似合い。
a0126797_0275659.jpg
むちゃくちゃ邪魔。なぜかゴムの匂いがせずシンナー系の香りなので、付けていても
不快ではないですが、なんせ邪魔。携帯で写真撮ろうとしたら、いちいち映り込んできます。
ネットでいろいろ見ていたら、ここの会社が作った亀も持っていました。横浜美術館の
ミュージアムショップでゲットしたもの。今軽く探しても見つからない。どこいっちゃったの。
こんな子でした。右上のマグネットタイプ(多分)。
a0126797_043387.jpg
いろんなものがあるなあ。
[PR]
by ayaiwata | 2011-12-04 23:10 | etc...

ミッドタウンのサンタツリー。

毎年、楽しみにしている、東京ミッドタウンのサンタツリー
a0126797_2258325.jpg
今年も半笑いで鑑賞。良さが分かりません。
横で見ていた親子連れの息子(20代)が見つけてしまい、それが聞こえた周りの人から一斉に
突っ込まれまくっていた偽サンタ。「だいこくさんが!」と。
a0126797_2259344.jpg
でも1800体も集めるのん大変よね。大黒さんも混じるよそりゃ。こっちのが縁起良いし。
[PR]
by ayaiwata | 2011-12-04 22:51 | etc...

きのこ観察日記。

しいたけ、順調に育っております。数日前。
a0126797_1233196.jpg
そして今日。横から激写。
a0126797_12332650.jpg
ついつい過保護に霧吹きかけ過ぎるので、底に水が貯まって、新しく生えてきてる子が
浸水しがち。気を付けないと。いつ収穫しよかしら。楽しみ。
[PR]
by ayaiwata | 2011-12-03 23:58 | etc...

カサゴのアクアパッツァ。

a0126797_0543732.jpg
大口開けたカサゴ。
今日はこれを使ってアクアパッツァを作ります。最初につまづいたのは、
うろこも内臓も全部付いてる状態のものを買ってしまったので、自力でやらないと。
うろこ落としも無く、出刃包丁も無く、うろこはまあなんとかなりましたが、内臓が大変。
キッチンばさみでぎっちょんぎっちょん切る。血がうぇーっと出たりするので、
気付けばへっぴり腰な自分が。
とりあえずつるんとなったので、オリーヴオイルで炒める。尻尾が内巻きに。
a0126797_1375291.jpg
トマトと海老とあさり(砂抜きがめんどくさいのでむき身)、オリーヴの実とケイパーを入れて、
a0126797_140766.jpg
ハーブのローズマリーやバジルを入れて水入れて蓋して煮詰めて出来上がり。
非常に簡単。内臓取り出しが一番難儀でしたが、次回はお店の人に取ってもらうので、
もっと簡単なはず。いろんなものからだしが出て、美味しかった!
[PR]
by ayaiwata | 2011-12-03 23:24 | meal

アメリカのモダンアート。

Mちゃんと新国立美術館に、「モダン・アート、アメリカン-珠玉のフィリップコレクション-」
観に行きました。インターナショナルスクールの園児たちが20人プラスお母様たちが、
学芸員の説明と一緒に鑑賞していて、私も横で聞く。子どもたちの答えがユニーク。
ワシントンにある、この美術館は、鉄鋼会社の創業者の孫ダンカン・フィリップスが、
大学卒業に美術評論活動をしながら、奥さんのマージョリーと収集した美術作品を所蔵。
ジョージア・オキーフやマーク・ロスコがありましたが、ほとんど好みではなかった。
最後の部屋に大好きなクリフォード・スティルの「1950b」があって、嬉しかったです。
昔、まだ留学する前にMOMAで、彼の作品を観て、すごい好きになったので画集を探したの
ですが、出版されていないか見つからず、数年後ニューヨークにいた時に、たまたま入った
古本屋さんにあって、大喜びで買った思い出があります。こういう感じの抽象画です。
a0126797_0265999.jpg
先月、デンバーにClyfford Still Museumが出来たらしい。いつか行ってみたい。
a0126797_055596.jpg
国立新美術館の前は紅葉していました。
その後、ミュージアムショップでプレゼントにいいものがないか見たりしてから、
香妃園で鳥そばとちゃーはんを食べて、仕事に行く。ちゃーはん大好き。

今日読んだ本 「花の回廊 流転の海 第5部」宮本輝
一日一冊ペースでこのシリーズを読んでいます。
熊吾たちはまた大阪に戻ってきて、次なる事業のための準備をしつつ、つつましく仲良く
暮らしています。一人息子が小学校に行くようになりました。お話はなかなか進みません。
[PR]
by ayaiwata | 2011-12-02 23:22 | art

野村萬斎の「狂言劇場」。

世田谷パブリックシアターへ野村萬斎の「狂言劇場その七」を観に行ってきました。
a0126797_113139.jpg
プログラムは、小舞「七つ子」「暁」「鮒」、狂言「棒縛り」、「MANSAIボレロ」。

「棒縛り」に、「七つ子」と「暁」を手を縛られたまま踊り、面白い。
「棒縛り」の野村万作が、コミカルで愛嬌があって、かわいらしくて素晴らしかったです。
太郎・次郎冠者の掛け合いが面白く、お互いのセリフを食い気味にたたみ掛けていくのも
独特で楽しめました。休憩を挟んで、野村萬斎の振付で自身の独舞の「MANSAIボレロ」。
ラヴェルのボレロが、真っ暗の舞台で、真っ白の衣装の野村萬斎を照らす一筋だけのライトで
始まり、メロディを奏でる楽器が変わり、厚みが増してくるほど、ライトも大きく、
幅も広がって色も明るくなっていく。最後に近付くにつれ、うしろの幕が上がり、
床に、白いスモークがへびが這うように撒かれ、ラスト2小節めで彼がジャンプし、
最後の音でライトが全て消えて暗闇に戻ります。
目は明るいのに慣れているので、彼が最後ジャンプした残像が残っています。
素晴らしかった!!!三番叟の足拍子をボレロに重ねての踊り。
あまりに良いのと独創的だったので鳥肌が立ちました。
すごいなあ、彼は。いろんなことに挑戦していて。これからも色々観に行きたいです。
[PR]
by ayaiwata | 2011-12-01 22:23 | art



Aya Iwata Official<br />
Website

岩田 彩 Aya Iwata 
兵庫県出身。
桐朋学園大学音楽学部
卒業後、ニューヨーク・
マネス音楽院で修士課程・
ディプロマを取得。
ピアノを関晴子、
リチャード・グード、
ロバート・マクドナルド、
トーマス・サウアーの各氏
に師事。
チェンバロをアルター・
ハースに師事。

趣味: 読書。
好きな作家は三島由紀夫,芹沢光治良。
映画鑑賞。好きなのは、
フェデリコ・フェリーニ,
ウッディ・アレン,
伊丹十三。
旅行。
美術館巡り。
飛び出す絵本集め。

*出演依頼・お問合わせ*
ayaweb@ayaiwata.com
まで。

検索

ファン

ブログジャンル

音楽
アート・デザイン

画像一覧