岩田 彩の。


ピアニスト・岩田彩のブログ。
by ayaiwata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

刀のつばとか馬のあぶみとか@三年坂美術館。

ランチの後、タクシーで清水寺の近くまで行き、三年坂美術館へ。
a0126797_1417469.jpg
最初、ごった返す二年坂で、「あれ?美術館なんてないよ? 行き過ぎた?」とかわいわい言って(主に父が。)、お店の人に聞いたら、
「ここは二年坂です」とか言われながら、途中西利の前のかぶと撮ったり。
a0126797_23294392.jpg
美術館は、今まで何回も前を通っていたのに、気付きませんでした。
a0126797_23322196.jpg
鍛鉄の美 - 鐔(つば)、鐙(あぶみ)、自在置物」展。
a0126797_14261026.jpg
明珍の「自在置物 蛇」が素晴らしかった。
自在置物とは、江戸時代の中頃、武具類の需要が減少した。甲冑師の
一部には、本業である甲冑のほかに、鍔・轡などの武具・馬具や、火箸・
花瓶・箱といった民具を鉄で製造・販売する者が現れた。自在置物も
こうした流れの中で甲冑師、とりわけ明珍派の工人らによって生み出さ
れた工芸品である。同派は鉄の打ち出し加工に関して卓越した技術を
保有しており、自在置物の表現や細工にもそれが活かされている。
龍、蛇、鳥、伊勢海老、海老、蟹、蝶といった動物のモチーフで作られている。
自在置物が、いかなる背景や目的をもって発生したのかは判然としない。

他に刀のつばのコレクションが緻密で綺麗でした。(写真はネットから)
a0126797_234409.jpg
以前、細川家の家宝展で初めてつばを見てから、その美しさに触れ、今回も
大興奮で鑑賞。上の写真よりももっと繊細なものや、猿や鶴がたくさん
連なっているといった、ユニークなものがありました。
そして馬具のあぶみ。(展示品の写真がネットに無かったので、鐙の写真を。)
a0126797_23552365.jpg
外側一面に螺鈿が施されていたり、写真のもののように、内側が
ルブタンばりに赤が使われていたり。センス炸裂でした。
小さいながらも見応えありまくりの三年坂美術館。山下先生お薦めなのも納得。
[PR]
# by ayaiwata | 2013-01-03 14:42 | travel

琳派と若冲展@細見美術館。

平安神宮の神苑を堪能した後、歩いてすぐの細見美術館へ。
a0126797_0514554.jpg
「琳派と若冲」。俵屋宗達の双犬図がかわいい。
a0126797_140159.jpg
母は「どこがどうなってるのか、なんやよく分からない」と言うので、
「こっちの犬の肩に手というか前足がさあ~」と説明するも、
「ふうん。」とよく分かっていないもよう。白い犬のしっぽが耳に見えるのかな?
てことは、白犬の右足で蹴りを入れてる感じ?本来の耳はどう説明するのか。
若冲の「鶏図押絵屏風」。6枚(6曲1双)に鶏とひよこが墨で描かれていて、
a0126797_1482834.jpg
ひよこがユーモラスでかわいい。雄鶏の尾の動きがイケてます。
若冲の「伏見人形図」。布袋の顔面には紅雲母だそう。
a0126797_263731.jpg
初めてこれを観た時「え?これ若冲?」となりました。
a0126797_273773.jpg
すごい。素晴らしい。
他に酒井抱一や鈴木其一や尾形光琳も。見ごたえありました。

そしてお腹が空き、近くに大人気のピザ屋があるということで、行ったら
ちょうどさっき開店し、満席なのでお待ちください、と寒空の下立たされる。
ちょっと口にするのもはばかられるくらいの長さを待ちました。
最初の頃は、まだ建設的と言えば建設的な会話(文章にはなっており、
会話にもなっていました)でしたが、だんだん、「寒い」「さむい」「寒ぅ」「さむ」
と単語の独白(大きめ)のみになってき、老体にむち打たせて食べるほどの
ピザかな?と不安になりましたが、まあ美味しかったです。窯で焼いてます。
a0126797_214166.jpg
他に手長海老のグリルや、ピザもう一枚、プロッシュート、
サザエをエスカルゴみたいにしたやつなど。デザートのパンナコッタを
撮影する父を撮影。彼の右手の表情が必死っぽい。ぐわっ。
a0126797_2163668.jpg

[PR]
# by ayaiwata | 2013-01-03 14:16 | art

京都・平安神宮にお参り。

毎年恒例だった京都のお参り、去年は松山に行ったので行けず、
今年は絶対に行かないと!と両親と一緒に行きました。
a0126797_14532683.jpg
平安神宮の鳥居。そして念入りにお参りして、横の神苑へ。
冬は何も咲いてないと言いながら歩いていたら、蝋梅が。父撮影。
a0126797_14573817.jpg
初めて蝋梅を目にしたのですが、すごく良い匂い。
a0126797_14595366.jpg
飛び石をビビりながら渡る、後ろの人。軽やかな足取りの私。
a0126797_1502819.jpg
後ろの人、足元をしっかり見られています。景色見る余裕無し。
a0126797_1512598.jpg
そしてなぜか舞台俳優立ちの後ろの人。キメるとこキメる。母です。
a0126797_1555195.jpg
燈籠のように立つわたくし。池には薄氷が張っていました。
泰平閣の上で。
a0126797_15755100.jpg
全身しゃかしゃかした素材で包まれた父は、大層なカメラで撮影。
a0126797_15123465.jpg
よく見たらカメラの先には母が。ええ感じやー。
父得意の魚眼レンズ。めっちゃ不自然。
a0126797_15132289.jpg
a0126797_15135160.jpg
この後、走っておみくじ引きに行きました。吉。幸先良し。
[PR]
# by ayaiwata | 2013-01-03 11:00 | travel

大量の刺身とおせち料理@祖母邸。

毎年恒例の母方のおばあちゃんちでのお祝い。94歳の祖母。
母は三姉妹の末っ子で、姉妹それぞれのだんな、今年は私と
いとこ1人の計9人。各々料理を持ち寄ります。毎年不評だった、
出来あいのおせち(ちゃんと名のあるお店のものだったですが)をやめ、
その分お刺身盛り合わせを増やしたの、とうちの母得意げ。
a0126797_14444654.jpg
これが2山あります。7人が60歳以上なのにこんなに食べられるのか。
全体図。
a0126797_14451526.jpg
他の物の種類も多いですが、刺身が多過ぎ。メインか。
a0126797_14461266.jpg
ママン特製のローストビーフ。今年も美味しかった。
奥の鯛の塩焼き、みんなお刺身を食べるのに必死で(うちの母が勧めまくる)、
「では宴もたけなわですが」よりかなり過ぎた時間から、しぶしぶ手を伸ばす。
美味しかったのですが、なんせ刺身を「○○さん、お刺身食べてる?」とか
「彩ちゃん、お刺身食べてないんじゃない?」と母がしつこく勧誘してくるので、
お刺身を口に入れることが義務。なまものですし。
押しつけあって食べたお刺身。来年は半分、もしくは三分の一でよいかと。

今年はケーキを作って持って行きました。新作のチョコレートケーキ。
a0126797_14492142.jpg
食べるまで味見出来ず、小心者なのでびびってましたが、
非常に美味しくできました。甘さ控え目。濃厚じゃなく軽め。切ったところ。
a0126797_145145.jpg
ほかに和菓子、花びらもち、たねやのもなか。
a0126797_1452535.jpg
1時半から食べ始めてデザート食べ終わり宴が終了したのは7時過ぎ。
キッチンには大量にあまった刺身。しばらく刺身は結構。

今年も親戚が集まって、近況や昔話や大昔の話(おばあちゃんの女学校時代
のささやかなロマンスとか。)を聞いて、(全く知らん人の話も多かったので
途中寝てしまったりしたけど)楽しい会でした。みんな健康で長生きして欲しい。
[PR]
# by ayaiwata | 2013-01-02 14:23 | meal

謹賀新年。

あけましておめでとうございます。
旧年は非常にお世話になりました。
今年はさらなる飛躍が出来るようがんばっていきたいと思います。
よろしくお願い致します。

例年通り、全く手伝わせてもらえなかったおせち。
a0126797_1036273.jpg
唯一手を貸したのは、玉子に巻いてある三つ葉を結ぶプロジェクト。3分で終了。
a0126797_10373516.jpg
美味しいですが、朝からこんなに食べられない。。。
[PR]
# by ayaiwata | 2013-01-01 10:30 | etc...



Aya Iwata Official<br />
Website

岩田 彩 Aya Iwata 
兵庫県出身。
桐朋学園大学音楽学部
卒業後、ニューヨーク・
マネス音楽院で修士課程・
ディプロマを取得。
ピアノを関晴子、
リチャード・グード、
ロバート・マクドナルド、
トーマス・サウアーの各氏
に師事。
チェンバロをアルター・
ハースに師事。

趣味: 読書。
好きな作家は三島由紀夫,芹沢光治良。
映画鑑賞。好きなのは、
フェデリコ・フェリーニ,
ウッディ・アレン,
伊丹十三。
旅行。
美術館巡り。
飛び出す絵本集め。

*出演依頼・お問合わせ*
ayaweb@ayaiwata.com
まで。

検索

ファン

ブログジャンル

音楽
アート・デザイン

画像一覧