人気ブログランキング |

岩田 彩の。


ピアニスト・岩田彩のブログ。
by ayaiwata
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

山口晃氏のTokio山水。

映画の後、8階のフォーラムへ「望郷 – TOKIORE(I)MIX 山口晃展」を。
山口さんは、雑誌Brutusの「西洋美術総まとめ」の解説役をされています。
「すずしろ日記」(「UP」という東大出版会のPR誌に連載されいてる漫画(のようなもの)。
何度か本屋さんに置いてあって読んだことありました)のような漫画も掲載。
さらにNHK「日曜美術館」で、セザンヌ特集のゲストで出演、「サント・ヴィクトワール山」
を模写しながら、斜面の角度によって(光の当たり具合によって)色が同じという、
セザンヌの色の置き方の分析は、興味深かったです。

展覧会には「忘れじの電柱」「正しい、しかし間違えている」「Tokio山水」の3作品。
「正しい、しかし間違えている」は、小部屋の中に入ると床が傾いていて、そこに
Tokio山水のスケッチや、山口さんの予定が書かれたカレンダーがかかっていたり、
注がれて随分経っている感じのコップの水がテーブルに置かれています。
普通の顔してスケッチを見ているのですが、傾いているので違和感。でもそれを
おくびにも出さず鑑賞してますよ、だってアートだもの、みたいな自分を演じていて、
そんな自分に笑える。
一番奥にある「Tokio山水」は、山口氏曰く「今の私が俯瞰しうる東京です。
年代の違う6種類の地図とグーグルマップ、個人的な記憶や思い込みなどに依って
描かれています」。(写真はネットから)
a0126797_18101679.jpg
この絵は展覧会に間に合わず、ネットのニュースによると、
山口さんは連日会場に足を運び、閉館後の場内で作品制作を続けている。
「未完と言いつつも、展示作品と捉えている。細部を眺めていると、ふっと自分の意識の
縮尺が変わって作品の中を散歩しているような気持ちになる。そういう気持ちを味わって
もらいたいので、ぜひじっくり時間をかけてご覧いただければ」。完成については、
「展示が終わるころまでには」とも。
a0126797_18111619.jpg
ものすごく細かい筆使い(鉛筆で下書きの墨描き)で、建物の横に名前が入っていて、
最初はぼーっと「真ん中に東京タワーかあ。右端にスカイツリー。え?その下に要塞?」と
段々寄りで鑑賞しだすと、「上野ステンショ」「浜マッチョ」(駅名)、「八重洲ブックセンタ」
「泰明小」「フジヤホテル」、今は無き「歌舞伎座」「コヤナギ」(ギャラリー)「イトーヤ」。
そして広尾あたりは、「ボクんち」「マキちゃんち」「バンザイ避雷針」「サルのこしかけ」
「ビン入り自販機」「青い駐車場」「親切なタバコ屋」「広尾湯」「大穴」とローカルは細かい。
謎だったのが、「バスでゆくとお尻キュの坂」。遊び心が満載。素晴らしいです!
5月13日まで。もう一回ぐらい、Tokio山水がどれくらい進んだのか観に行きたいです。
by ayaiwata | 2012-05-04 17:02 | art



Aya Iwata Official<br />
Website

岩田 彩 Aya Iwata 
兵庫県出身。
桐朋学園大学音楽学部
卒業後、ニューヨーク・
マネス音楽院で修士課程・
ディプロマを取得。
ピアノを関晴子、
リチャード・グード、
ロバート・マクドナルド、
トーマス・サウアーの各氏
に師事。
チェンバロをアルター・
ハースに師事。

趣味: 読書。
好きな作家は三島由紀夫,芹沢光治良。
映画鑑賞。好きなのは、
フェデリコ・フェリーニ,
ウッディ・アレン,
伊丹十三。
旅行。
美術館巡り。
飛び出す絵本集め。

*出演依頼・お問合わせ*
ayaweb@ayaiwata.com
まで。

検索

ファン

ブログジャンル

音楽
アート・デザイン

画像一覧