人気ブログランキング |

岩田 彩の。


ピアニスト・岩田彩のブログ。
by ayaiwata
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

野村萬斎「藪原検校」@世田谷パブリックシアター。

世田谷パブリックシアターへ野村萬斎の「藪原検校」観に行ってきました。
a0126797_1221139.jpg
井上ひさしの戯曲、栗山民也演出。盲目の座頭・杉の市(野村萬斎)は悪事を重ねながら
検校の地位に登りつめ、最後はえげつない処刑をされる話。
とにかく萬斎さんのセリフがむちゃくちゃ早い。三味線でなくギターと共に、浄瑠璃のような
ラップのような、早口で語呂合わせを歌うようによどみなく続ける。
これは、「早物語」というらしく、「語り物の一種、聞き手の笑いを誘う滑稽物語を早口に
素語りする口承文芸。室町時代には《平家物語》を語る(平曲)琵琶法師の弾奏の間に、
盲僧の供をする修業中の小法師などが語った。平曲のもつ荘重な雰囲気を和ませる間の
語りで、近世には浄瑠璃の間にも語られた。」
この早物語が進みながら、萬斎さんは合いの手でムーンウォークを披露したり、
おそらく森進一のまねでしわがれた声や、歌いながら五木ひろしのように握ったこぶしを
ふったり、と やり過ぎなほど自由に、生き生きと表現していました。
a0126797_225033100.jpg
舞台上には赤い綱でリングのように四角く囲み、杉の市が一人殺すと、同じ赤い綱が1本
上から下りて、舞台上部に吊るされます。不気味。

舞台上には常に語り手の盲太夫(浅野和之)が、話を進めたり、難しい単語や風習が
出てくると、いきなり「注の1!!」「注の2!!」と叫び、そのたびに舞台上の全ての動作が
ストップし、早口で説明している間はポーズしたまま、とか、
クラシックギターの方とアドリブで掛け合いしたり一緒におにぎり食べたり。

出演者が、一人何役もしていて、完璧に演じ分けていました。
特に小日向文世さんは4役演じる中、塙保己市役が、本当は何を考えているのか
分からない、不気味な人物で、好物の魚を食べると、盲人なので散らかすので、
綺麗に食べられ、好きでもない里芋をいつも食べている。
「晴眼者は帳面に書き留め帳面に覚えさせるので頭はからっぽ。だが、盲人は帳面が
使えないので、頭の中にしっかりと書きつけられる。だから頭の中は心憶えでいっぱいで、
その心憶えをすぐに使いこなすことが出来る」というセリフがはっとさせられました。

萬斎さんの、こんなにえげつない悪役は初めて観ましたが、それを自身で楽しんで
いらっしゃるような印象。嬉々として演じています。演技の巾の広い役者。
a0126797_22505726.jpg
(写真はネットから。)
by ayaiwata | 2012-06-28 20:12 | art



Aya Iwata Official<br />
Website

岩田 彩 Aya Iwata 
兵庫県出身。
桐朋学園大学音楽学部
卒業後、ニューヨーク・
マネス音楽院で修士課程・
ディプロマを取得。
ピアノを関晴子、
リチャード・グード、
ロバート・マクドナルド、
トーマス・サウアーの各氏
に師事。
チェンバロをアルター・
ハースに師事。

趣味: 読書。
好きな作家は三島由紀夫,芹沢光治良。
映画鑑賞。好きなのは、
フェデリコ・フェリーニ,
ウッディ・アレン,
伊丹十三。
旅行。
美術館巡り。
飛び出す絵本集め。

*出演依頼・お問合わせ*
ayaweb@ayaiwata.com
まで。

検索

ファン

ブログジャンル

音楽
アート・デザイン

画像一覧