人気ブログランキング |

岩田 彩の。


ピアニスト・岩田彩のブログ。
by ayaiwata
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

川内倫子展 照度 あめつち 影を見る@写真美術館

写真美術館で開催されている「川内倫子展 照度 あめつち 影を見る」へ。
a0126797_12161923.jpg
けっこう混んでいて、映像の部屋なぞぎっちぎちでした。
展覧会名の「照度」とは、Illuminanceの和訳で、初めは宮沢賢治の詩集から
「Iridescence(玉虫色)」という言葉を使いたかったそうですが、作品名に留めたらしい。
阿蘇の野焼きの作品に、彼女の執念を感じました(なかなか天気と予定が合わなかったらしい)。
映像作品が素晴らしかった。スクリーンを2つ並べ、同じものを時間をずらして流す。
45分間の作品で、相反するさまざまものが織り交ぜて映っていた。
速-遅、密-疎、俯瞰-接写、動-静、繊細-暴力、始-終、明るい-暗い、生-死、
ピントが合っている-呆けている、など。
ふるえる老人の指や、おたまじゃくし、布に透ける反射した光など、独特の視点が面白い。
魚・牛・豚をさばく、血の色・金魚・赤いろうそく・バイクに反射した赤い光と、「赤」でも
ヴァリエーションが多く、感性豊かだった。
出版された写真集に、イケムラレイコ氏との対談が収録されていて、その中に、
「直接的すぎず、プライベートな臭いになりすぎず、どこかに関係していながらでも詩的で
あるっていうのを目指している」という言葉が、まさに彼女の作品を表している。
鑑賞していると、重々しくなくさらっとしていて、でも綺麗なだけではなく心に響き、
彼女のセンスのフレイバーが観終わった後も体に残る感じがしました。
「りんこ日記」というエッセイも出されているので、1と2を読む。面白い。

帰り、駅まで歩いていたら、一瞬ぎょっとする光景が。
a0126797_12404212.jpg
上からミスト。アウシュビッツを連想。なんとなく私はあそこに座れないなあ。
座ったらそうでもないんかな。
by ayaiwata | 2012-07-01 20:11 | art



Aya Iwata Official<br />
Website

岩田 彩 Aya Iwata 
兵庫県出身。
桐朋学園大学音楽学部
卒業後、ニューヨーク・
マネス音楽院で修士課程・
ディプロマを取得。
ピアノを関晴子、
リチャード・グード、
ロバート・マクドナルド、
トーマス・サウアーの各氏
に師事。
チェンバロをアルター・
ハースに師事。

趣味: 読書。
好きな作家は三島由紀夫,芹沢光治良。
映画鑑賞。好きなのは、
フェデリコ・フェリーニ,
ウッディ・アレン,
伊丹十三。
旅行。
美術館巡り。
飛び出す絵本集め。

*出演依頼・お問合わせ*
ayaweb@ayaiwata.com
まで。

検索

ファン

ブログジャンル

音楽
アート・デザイン

画像一覧